無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ おせっかい
RSS|archives|admin

ピンク・フロイドの「おせっかい」を聴いてみた。

2007.06.28 Thu
おせっかい 突然、思い立って、ピンク・フロイド「おせっかい」を聴いた。
 このアルバムを、初めて聴いたのは、中学3年の頃で、第一印象は、
「ジャケットも、内容も、よくわからん。」
 だった気がする。
 当時の僕にとって、ピンク・フロイドは、プログレッシブロックの中でも、なかなか、ピンとこない部類のグループだった。
 でも、このアルバムは、ピンク・フロイドの、他のアルバムと同じで、聴けば聴くほど、味が出てくる、スルメのようなアルバムだと思う。(←スルメは、“噛めば噛むほど”だけど・・・。)
 そんでもって、高校卒業の頃には、
「“おせっかい”といえば、“エコーズ”が一番やな~!。」
 なんて、思うようになっていた。
 今回、久しぶりに「エコーズ」を聴いても、やっぱり、気持ちがいい。何と言うか、非常に、説明しづらいが、“酒に悪酔いしたみたいな気分”が味わえる曲だと思う。(←あまりに、文章表現力が無くて、情けない。全然、説明になってないぞ!。なんで、悪酔いが気持ちいいんじゃ!。)
 ちょっと、訳が分からなくなってきたので、(←悪酔いした!)話を変えるが、「吹けよ風、呼べよ嵐」の事を忘れていた。
 どうしても、入場してくるブッチャーが、頭に浮かんで、笑ってしまうのだが、真面目に聴くと、あの独特のベースラインなんか、かなり、恐ろしい。笑って聴ける曲じゃないのだ。
 でも、やっぱり、昔、高知県民体育館に、全日本プロレスを見に行った時の事を、はっきりと、思い出してしまった。


吹けよ風、呼べよ嵐 One of These Days/Pink Floyd





[Music Pink Floyd]



FC2タグ : ピンク・フロイド おせっかい |
Category: Progressive | Comment(2) | Trackback(1) | top↑ |