無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ アイアン・メイデン
RSS|archives|admin

アイアン・メイデンの「鋼鉄の処女」を聴いてみた。

2007.07.01 Sun
鋼鉄の処女 高校生活の、最後の、最後。どんづまりで聴いたアルバムが、アイアン・メイデン「鋼鉄の処女」です。
 この頃、ヘビーメタルという言葉があったかどうか知らないけど。これを聴いて、
「ハードロックって、こんな風になっていくのかな?」
 と、漠然とした不安を覚えたアルバムでした。
 そういえば、この頃から、僕の好きだったジューダス・プリーストもメタル色が強くなっていったしなあ・・・・・。
 ヘビーメタルは、嫌いじゃないけど、僕のようなオヤジには、あの、メチャクチャに歪んだ、ギターの音での、驚異的な早弾きや、キンキンの高音でシャウトするボーカルを、聴けば、聴くほど、どうも、薄っぺらに聴こえてしまう曲が多いのです。(←あくまでも、僕個人の意見です。メタル好きの方には申し訳ない。)
 そんな事を考えながら、聴きました。





[M;Iron Maiden]







FC2タグ : アイアン・メイデン 鋼鉄の処女 |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

アイアン・メイデンの「キラーズ」を聴いてみた。

2012.04.06 Fri
キラーズ オヤジの場合、年齢を重ねる毎に聴く音楽の幅が広がってきたが、逆に徐々にダメになりつつある分野もある。ヘヴィメタルパワーメタルはその最たるもので、せいぜいソナタ・アークティカ辺りまでで完全に聴かない音楽になってしまった。
 元来好きな分野ではないのでしょうがないのかも知れないが、個人的にはこの辺の音楽にときめかなくなったのは歳のせいだと思っている。そんな訳で、馬鹿馬鹿しい話だが年に何度かは無理矢理メタル系のアルバムを聴いてアンチエイジングに努めているのだ。
 さて、今回お題としたのはアイアン・メイデン「キラーズ」。随分古いアルバムで、大学生の頃に聴いた事は覚えているが、中身の記憶は全く無い。
 ちょっと思い出してみると、アイアン・メイデンというバンドを初めて聴いたのは高校3年生の時だったように記憶している。当時ロックは好きだったが、こういうヘヴィメタルの世界は何となく理解できなくて、
「ロックがこんな方向へ進んでゆくと絶対つまらない音楽になってしまうぞ・・・。
 そんな事を感じたと記憶している。
 で、「キラーズ」だが、今回聴いた印象はそんなに悪くなかった。ギタープレイはピンとこなかったが、ボーカルが無理なく歌い上げて耳障りじゃないのが良く、ベースも存在感を出していて面白い。全編を通して楽しく聴く事が出来た。・・・なんて言ってるが、実はこのアルバムを聴きながらオヤジは爆睡してしまったのだ。高校の頃、大音響でロックを聴きながら寝てしまう事が多々あったのだが、この歳になってもまだ寝てしまうとは思わなかった。
「お!若い時のままだな・・・。」
 なんてしょうもない事を呟きながら、
「やっぱヘヴィメタルはアンチエイジングになるのかも知れない・・・。」
 なんて事を考えたオヤジなのだ。

 
[M;Iron Maiden]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : アイアン・メイデン キラーズ |
Category: Rock/Pops | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |