無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ アフター・ザ・ストーム
RSS|archives|admin

ノーマン・ブラウンの「アフター・ザ・ストーム」を聴いてみた。

2010.03.16 Tue
アフター・ザ・ストーム 先日、5日間ほど東京の実家へ里帰りしていた女房を迎えに高知空港(←正式には高知龍馬空港と言います。ちょっと恥ずかしい名前ですが・・・。)まで車を走らせた。
 我家から空港までは20分程の距離で、女房が乗ったのは羽田発の最終便だったので、家を出るのが夜の8時近くなり、帰宅ラッシュも収まった国道をのんびりと運転した事だった。
 この時、オヤジはノーマン・ブラウン「アフター・ザ・ストーム」を聴いていたが、何故か夜間に一人で車を運転する時に、このアルバムを流す事が多い。以前も、夜間に空港へ車を飛ばしながらこのアルバムを流した記憶が確かにあるのだ。
「何故夜間の運転に『アフター・ザ・ストーム』なんじゃ?」
 と考えてみるに、どうもオヤジは無意識に、
「一日の疲れを取りつつ、街の明かりや夜の空港の雰囲気を満喫したい。それには、お洒落な『アフター・ザ・ストーム』がうってつけのアルバムだ!」
 と考えているようなのだ。
 オヤジは大学生の頃ずっとジョージ・ベンソンの都会的で洒落たギタープレイに憧れていた。しかし、社会人となり結婚し、子供が出来、と生活が変わる中で、その憧れを忘れかけていた頃に、ヒョイと目の前に現れたのが、『ベンソンのギタープレイに通じる何か。』を感じさせるギタリスト、ノーマン・ブラウンだったのだ。そして「アフター・ザ・ストーム」を聴く事で、
「ああ・・、忘れかけていたけど、フュージョンはイイもんだなぁ~。やっぱり洒落てるわ・・・。大人の音楽だよなぁ~。」
 そんな事を再認識した事を覚えている。
 今から15年以上も昔の事だが、この時からずっとオヤジは、
「結局、俺はこんなギターが一番好きなのかもしれないなぁ・・・。」
 なんて事を考えているのだ。

 
[Music Norman Brown]



Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : ノーマン・ブラウン アフター・ザ・ストーム |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |