無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ アマンダ・ブレッカー
RSS|archives|admin

アマンダ・ブレッカーの「ブラジリアン・パッション」を聴いてみた。

2011.05.03 Tue
ブラジリアン・パッション「世の中、思いっきりゴールデンウィークである。ふふふっ!」
 などと、ほくそ笑んでも、オヤジの場合は仕事が暦どおりな上に、休み明けの法事の準備等で何だかんだと忙しく、今年のゴールデンウィークは何処へも行かずに家で大人しく過ごしている。
 一昨日の事だが半日ほど時間が空いたので、
「これ幸い!へへへっ!」
 とばかりに、気に入ったアルバムを何枚か流しながら、ネットサーフィンや読書をして過ごした。
 流したアルバムは70年代から80年代の古いフュージョン系のアルバムがほとんどだが、聴いてる途中で、
「いかん、いかん、こんな古臭い音ばっか聴いて、昔の事ばっか考えてたら、どんどんジジイになる・・・。」
 そう考え、気分を変える為に、アマンダ・ブレッカー「ブラジリアン・パッション」を流した。
 そもそも、この歌手に興味を持ったのは単純に
「父親がランディー・ブレッカーだ!」
 という事だけなのだが(←本当は「この美貌が気になったから」とも言えるけど・・。)、実際「ブラジリアン・パッション」を聴くと、父親の音楽と繋がる所は全くなく、母親のイリアーヌ・イリアスのブラジル音楽の影響の方が断然強い。
 でも、そんな事は聴いてるオヤジにはあまり関係なく、ゴールデンウィークのノンビリした午後に流すアルバムとしては、実にピッタリで、その音からは『洒落た休暇』なんて言葉が浮かんで来るのだ。
 懐かしいアルバムじゃないけど、たまにはこういうのを聴いて素敵な時間を過ごすと、何でもない休日がゴージャズに感じられるわけだ。
 俺って単純かしら・・・?

Amanda Brecker & Ivan Lins - Ai Ai Ai


 
[Music Amanda Brecker]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:お気に入り&好きな音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : アマンダ・ブレッカー ブラジリアン・パッション |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

アマンダ・ブレッカーの「ヒア・アイ・アム」を聴いてみた。

2011.12.02 Fri
ヒア・アイ・アム 1970年代から80年代にかけてのフュージョン全盛時代に最も音楽を聴いていたせいか、その辺の匂いがする音を耳にすると、ミズテンで、
「ああ、コレはいいよなぁ・・・。すぐ買おう!」
 なんて思ってしまう。
 ミュージシャンに関しても同じ傾向があって、当時必死になって聴いていたミュージシャンがほんの少しでも絡んでいる曲だと、聴く前から、
「コレはいいに決まっているのだ!」
 などと、根拠のない断定をしてしまう傾向がある。
 で、アマンダ・ブレッカーである。
 単に彼女が、昔オヤジがよく聴いていたランディー・ブレッカーの娘であると言うだけで、
「コレは聴いてみる価値がある!」
 そう考えて、今年の春先に「ブラジリアン・パッション」なるアルバムを聴いてみたのだが、一発で気に入った。(←その辺の話はこちらです。)ランディー・ブレッカーのイメージは全く無いけど、ラテン系のリズムに乗せた歌声が何とも気持ち良く、その上超美形のルックスも加わって、休日の午後にノンビリと流しながら、
「うへへへへ~。」
 とだらしなく笑っていた事を思い出す。
 で、今回はデビューアルバムの「ヒア・アイ・アム」だ。「ブラジリアン・パッション」程の『うへへへへ~。』は無かったけど(←意味分からんだろうけど)個人的な意見を言えば、こちらのアルバムの方が古き良き時代のフュージョンの香りがするような気がする。父親のランディー・ブレッカーと母親のイリアーヌ・イリアスがバックで参加していると聴いて、勝手な先入観でアルバムを聴いたせいかも知れないが、オヤジの胸の奥深くに潜む懐かしい思い出をチョンチョンと刺激するようなフレーズと音を感じるのだ。
「やっぱ親父のDNAかなぁ・・?」
 そんな事を少し感じたアルバムだった。
 
[Music Amanda Brecker]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:おすすめ音楽♪ | Genre:音楽 |
FC2タグ : アマンダ・ブレッカー ヒア・アイ・アム |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

アマンダ・ブレッカーの「ブロッサム」を聴いてみた。

2012.11.23 Fri
ブロッサム  このブログの最近の記事を眺めてみると、ここ一ヶ月ほどジャズ系の音楽の話をしていない事に気が付いた。そういえば最近ジャズを聴いていないのだ。別に大した理由は無いのだが、何となく体がジャズを求めてないようだ。本来、秋口には水割りを飲みながら渋いモダンジャズを聴いて、
「な?俺ってコッコイイだろ?」
 なんて一人悦に入って、家族の顰蹙を買うのだが、今年はそんな事も無い。
「どうもイカンなぁ~」
 なんて呟きながら、ジャズ系のCDが並べてある棚を眺めていると、ふと目に入ったのが、アマンダ・ブレッカーのアルバム「ブロッサム」だった。
「よし!コレ聴こう!」
 である。まぁ、
「アマンダ・ブレッカーの音楽がジャズなのかよ?」
と聞かれると何とも答えようが無いのだが、オヤジのジャズへの復帰アルバムとしては悪くないと思った訳だ。
 唐突だけど、オヤジはアマンダ・ブレッカーが大好きである。彼女が可愛いオネエチャンだからという訳ではない。いや、大部分ソコかも知れないけど(←どっちなんだよ!)、真面目な話、何と言っても歌が抜群に上手いからだ。ただ、気を付けて聴かないと、彼女の歌の上手さは分からない。あまりに自然すぎて気が付かないのだ。
 「ブロッサム」を聴いていると、まずは肩の力がスッと抜ける。
「色々あるけど、まぁノンビリやろうぜ。」
 そんな気分になってくる。そして淡々と歌われる曲が進むにつれて、何とも言えない自然の温かみのようなモノをこのアルバムは与えてくれるのだ。
 普通に歌って、聴く人の心を揺さぶり癒す歌手はそう簡単にいないと思いますよ。特に若手では・・・。皆様どんなだ??


[Music Amanda Brecker]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:癒し系音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : アマンダ・ブレッカー ブロッサム |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |