無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ イマジナリー・デイ
RSS|archives|admin

パット・メセニー・グループの「イマジナリー・デイ」を聴いてみた。

2009.10.30 Fri
イマジナリー・デイ ちょっと前の記事で、
「オヤジは寝る前に古いモダン・ジャズのアルバムばかり聴いている。」
 なんて話をしたが、最近はちょっと飽きてきた。
 そうは言っても、睡眠前に興奮するようなロックを流す訳にもいかず、考えた末に最近は80年代から90年代にかけてのフュージョンを楽しんでいる。
 水曜日の晩は、パット・メセニーのアルバム「イマジナリー・デイ」を流してみた。考えてみると、昔からパット・メセニーのアルバムは寝る前に聴く事が多い。特に90年代のブラジル音楽をにおわせるアルバムは、長い間僕の睡眠導入剤的な役割を担ってきたのだ。
 で、「イマジナリー・デイ」はどうだったかと言うと、これはもう、ジャズだフュージョンだの範疇を超えてしまった不思議なアルバムで、ブラジル音楽ばかりか、アジア系の音楽へも傾倒したパット・メセニーの幻想の世界を垣間見る事が出来るのだ。
 全ての曲に個性があり、それは東洋的であったり、優しさであったり、悲しさであったり、爽快感であったりと、全く異なる雰囲気を醸し出し、聴いている時にはバラバラのように感じてしまうが、一枚聴き終わると頭の中にはキチンとアルバムとしてのイメージが残るのだ。
「『凄い』なんて単純な言葉で褒めたくはないけど、『凄い』モノは仕方がない・・・。」
 そんな事を感じてしまうアルバムなのだ。

 
[Music Pat Metheny]



Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : パット・メセニー イマジナリー・デイ |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |