無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ インプレッションズ
RSS|archives|admin

竹内まりやの「インプレッションズ」を聴いてみた。

2011.05.17 Tue
インプレッションズ 先日、女房から借りた竹内まりやのベストアルバム「インプレッションズ」を聴きながら、
「竹内まりやの曲って、今みたいな緑あふれるシーズンに合ってるよなぁ~。」
 なんて事を考えてしまった。
 このところの高知市は、気温が25度前後で実に過ごし易く、ギラギラの夏の到来を前に、快適で爽やかな日々が続いているのだ。
 オヤジは竹内まりやの曲の魅力は、ピンと背筋が伸びたようなスマートさと、新緑のような爽やかさにあると思っている。
 たとえ失恋の曲を歌おうが、不倫をにおわせる曲を歌おうが、演歌のようなドロドロした情念を感じさせる事は絶対になく、どんな曲でも『いいとこのお嬢さんの恋愛歌』に聴こえてしまう。そんな調子だから、頭に浮かぶ風景は、東京郊外の新興住宅街だったり、都心であっても港区を中心とするエリアであり、決して高知のような地方都市や下町の商店街ではないのだ。
 そして、このスマートさは嫌味になる事が絶対になく、爽やかで洒落た感覚として聴く者の心に届くので、たとえ新緑を眺めながら失恋の曲を聴いたとしても、違和感なく落ち着いた大人の歌に感じられるのだ。
 「インプレッションズ」竹内まりやが80年代から90年代前半に発表した曲のベストアルバムで、考えてみれば、この時期はバブル景気の始まりから終焉までの時期である。にも拘らず、このアルバムに収録された曲の数々は、金持ちのお嬢さんの浮世離れした世界の歌ではなく、今聴いても女性なら誰もが共感できるであろう内容の歌がほとんどだ。
 80年代から90年代の風景が頭に浮かぶ上に、古臭さは感じない大人のアーティスト・・・竹内まりやって、稀少な存在だと思うのだ。

 
[Music 竹内まりや]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : 竹内まりや インプレッションズ |
Category: J-Pop | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |