無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ イン・サンフランシスコ
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

キャノンボール・アダレイの「イン・サンフランシスコ」を聴いてみた。

2010.10.22 Fri
イン・サンフランシスコ 一カ月ほど前に、YouTubeでルイス・ジョンソンのベースプレイを眺めていて、
「こんな風に楽器を無理矢理押え込んで、完全に“いう事をきかせる”ような演奏スタイルを時々見かけるよなぁ・・・。ジミヘンもそうだわ・・。」
 なんて勝手な事を考えていた。
 別にそういう演奏方法が悪いという訳ではなく、逆にそれだけ自由自在に楽器を扱える事が羨ましく思うのだが、さらに勝手な事に、
「このてのミュージシャンは、絶対黒人なんだよなぁ~。」
 そう考えて、最終的には人種と音楽との関連性に頭を巡らし、
「う~む・・・。」
 なんて呟いたりしていたのだ。
 さて、実際の映像を見た訳ではないので、ますます勝手な話が続くが、僕はキャノンボール・アダレイというアルト奏者も、このてのミュージシャンに近い気がしてならない。
『彼の体格が、ずんぐりむっくりでアルトが小さく見える!』
 なんてもの原因の一つかも知れないが、そんな事よりも、アルバム「イン・サンフランシスコ」を聴くと、彼に完全にコントロールされたアルトを聴く事が出来る。
 楽器を支配した王者のアドリブは、素晴らしいテクニックと歌心によって余裕たっぷりに展開され、聴く者は何の不安も無く彼の演奏に身をゆだねる事になるのだ。
 そして聴き終ると必ず、
「アルトサックスってのは、ホントにカッコイイよなぁ・・。これだけ楽器を歌わす事が出来ると、実に気持ちが良いだろうなぁ・・・。」
 なんて事を感じさせてくれるのだ。
 ルイス・ジョンソン、ジミ・ヘンドリックス、キャノンボール・アダレイ。3者に音楽的な共通点はあまり見つからないが、『徹底的に楽器にいう事をきかせる』という点では共通だと思っている。

 
[Music Cannonball Adderley]


スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : キャノンボール・アダレイ イン・サンフランシスコ |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。