無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ イ・ムジチ合奏団
RSS|archives|admin

イ・ムジチ合奏団のヴィヴァルディの「四季」より「春」を聴いてみた。

2008.05.01 Thu
ヴィヴァルディ協奏曲集「四季」 南国土佐は、ここ2日ほど最高気温が25度を超えて汗ばむ陽気だ。短い春がほぼ終ってしまい、夏がすぐそこまで来ている気がする。
 巷で春は、『目に青葉、山ホトトギス、初鰹』なんて言われるけれど、僕の今年の春は、友人から筍と夏ミカンが送られて来たり、女房と日曜市に出かけて、新玉ねぎとレタスをたんまり買い込みサラダを作ったり、美味い初鰹を刺身でたらふく食べたりと、青葉もホトトギスも関係なく食の方のみを堪能してしまった。
 昨日になって、
「音楽でも春を感じる曲は無かったっけ?」
 なんて疑問が頭に浮かんだが、想像力が乏しい僕が思いついたのは、ヴィヴァルディ「四季」の中の「春」であった。
 ヴィヴァルディ「四季」を初めて聴いたのは中学生の頃だ。その頃クラシックギターを弾いていたので、自然とバロック音楽が好きになり、そんな流れからイ・ムジチ合奏団を知った。「四季」のLPは、当時クラブの先輩から借りて聴いた記憶があるが、それ以来まともに聴いた記憶が無いので、まさしく三十数年ぶりの事であった。
 僕は昔からクラシック音楽を聴く時にボリュームを上げてしまう癖がある。小さい音で聴くと、なんとなくレストランのBGMみたいな感じがして、音に集中出来ずに感動が少ない気がするのだ。そんな訳で、今回はヘッドフォンを付けて、大音響でヴィヴァルディ「四季」より「春」を聴いた。で、結構感動してしまったのだ。
「食ってばかりいないで、もう少しタイムリーに、桜が咲いている頃にでも聴けばよかったなぁ~。」
 なんて思い、少し残念だったが、
「久しぶりにクラシック音楽を聴くのも良いものだ。」
 と感じた事だ。




[Music Antonio Lucio Vivaldi]


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : 四季 ヴィヴァルディ イ・ムジチ合奏団 |
Category: Other | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |