無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ウィッシュ
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ジョシュア・レッドマンの「ウィッシュ」を聴いてみた。

2008.06.26 Thu
WISH 高知県地方は梅雨のすっきりしない空模様が続いている。こういう天気だと、部屋で音楽でも聴きながらのんびりしているのが一番気持ちが良い。外出しても、雨と蒸し暑さにうんざりして、早く家に帰る事ばかり考えてしまうのだ。
 日曜日に、外出先から帰宅して、シャワーを浴びてから、夕飯までの間にジョシュア・レッドマン「ウイッシュ」を聴いた。
 10年以上も昔に購入したアルバムだが、ほとんどの曲が大好きなので、よく聴くアルバムだ。ギターがパット・メセニーで、ピアノレスって所も面白くて気に入っている。ジョシュア・レッドマンのテナーは、ガンガン吹きまくる訳でもなく、そうかと言って控え目な訳でもなく、きちんと主張はするが、その主張が非常に暖かい、人間味に溢れた感じがして、聴けば聴くほど、
「上手いよな~。」
 って思ってしまう。
 またパット・メセニーも、語りかけるような暖かい音質のアドリブで独特の世界を展開する。しつこいようだが、こっちも、
「上手いよな~。」
 である。
 そうそう、思わずグッときたのは、7曲目、エリック・クラプトン「TEARS IN HEAVEN」
 パットのイントロが流れ始めた時には、
「へ~っ、こんな曲、演るかね・・・。」
 なんて思うのだが、なんのなんの、実にイイ。聴いてみる価値ありますな。

Joshua Redman Pat Metheny Christian McBride Brian Blade





[Music Joshua Redman]

スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ジョシュア・レッドマン サックス ウィッシュ |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。