無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ エモーション・アンド・コモーション
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ジェフ・ベックの「エモーション・アンド・コモーション」を聴いてみた。

2012.01.20 Fri
エモーション・アンド・コモーション 先日、このブログの過去記事を何本か読み返してみた。元来、その時々のアルバムに関する感想や思い出を書きなぐって『後は野となれ山となれ~』状態のブログなので、昔の記事を久しぶりに読むと、
「へ~~!俺こんな事考えてたんだ。今は全く違うぞ!」
 なんて思ったり、
「うむ、この辺の感想は今でも同じだな!」
 なんて思ったりと、なかなか面白かった。
 ロック・ポップスのカテゴリーでは、最初にジェフ・ベックのアルバム「ブロウ・バイ・ブロウ」を記事にしている。2007年5月29日の事だ。(←こちらです)今とは文章の感じが全く違い、控えめで余計な事を書いていない。(←今は図々しい上に、アルバムに関係の無い話が多い。要するに年寄りになって話がくどくなったのだ。)年月の流れはこうも文章を変えるのだと妙に実感した次第だった。
 さて、過去の「ブロウ・バイ・ブロウ」の記事を読みながら頭に浮かんだのはジェフ・ベックの最も新しいアルバム「エモーション・アンド・コモーション」だ。懐かしくも何ともない。ここ1年くらいの間、何回も聴いては、
「それにしても、上手いギターだわなぁ・・・。」
 などと毎回ベタな感想を呟いている1枚なのだ。
 「エモーション・アンド・コモーション」には「ブロウ・バイ・ブロウ」のように、とんがったスリルを感じさせる曲は無い。でも逆に大人の円熟味を感じさせる楽曲が溢れ、ギターという楽器の表現力の可能性を我々の想像力以上に聴かせてくれる。このアルバムを聴いて、
「ジェフ・ベックも歳とったわなぁ~。」
 なんて言ってしまえばそれまでだが、そうじゃなくて、長い間磨いてきた音楽に対する鋭い感性と同じ時間積み上げてきた鍛錬が見事に花開いた職人の技を感じるアルバムだとオヤジは思っている。渋い名盤なのだ。

 
[Music Jeff Beck]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト


Theme:おすすめ音楽♪ | Genre:音楽 |
FC2タグ : ジェフ・ベック エモーション・アンド・コモーション |
Category: Rock/Pops | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。