無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ エリック・ドルフィー
RSS|archives|admin

2008年5月某日の聴き流し日記。

2008.05.10 Sat
 本日は休みなので、昼食時に缶ビールを1本飲んだら、イイ気分になった。最近はこういう時、寝室のマッサージチェアに寝転がって、自動モードのスイッチを入れて、至福の時を過ごす。
BALADS 気持ち良い振動に身をゆだね、MDウォークマンで聴いたのは、エリック・クラプトン「BALLADS」だ。
 このアルバムはライブ録音の曲が何曲か収録されているので、聴いていると何処かのライブハウスにいるような錯覚を覚える。昼間のビールで少し酔った体には実にいい気持ちで、2曲目の「チェンジ・ザ・ワールド」あたりで、すでに眠くなってくる。そのままウトウトしていると、椅子から落ちそうになって、ハッと目が覚めた。マッサージチェアは自動プログロムを終了して動いていない。体中の力が抜けて、タコになったようだ。曲は「オーヴァー・ザ・レインボー」になっている。
 寝室にやってきた女房が、
「鼾がものすごくうるさかったわよ!」
 と言っている。
 中途半端な昼寝から目覚めた僕は、だるい体を引きずりながら、新聞片手にゴソゴソと書斎へ向かう。エリック・クラプトン「BALLADS」のMDを棚に片付けていると、隣に並んだエリック・ドルフィーのアルバム「ラスト・デイト」のMDが目に止まる。
ラスト・デイト 「そういえば、昔こんなアルバムをダビングしたな~。これでも聴いてみるか・・・。」
 そんな事を考えながら、流し始める。
 机の上に足を投げ出して、高知新聞を広げて、話題のチベット問題の記事を読んでいると、1曲目の「エピストロフィー」から、演奏がやたらと耳に付く。
「ちょっと鬱陶しかったな~。」
 と思いながら、チベットを中断して、曲の方に神経を集中すると、耳に付く原因が分かった。バスクラリネットだ。エリック・ドルフィーが吹くバスクラリネットの音が、奇妙に響いて、耳に付いて離れないのだ。
「そうか・・・。エリック・ドルフィーと言えば、バスクラリネットだったな。それにしてもまあ、こんなマイナーな楽器をよく演奏するもんじゃ・・・。」
 そう思いながら、暫く耳を傾ける。相変わらず、「エピストロフィー」の奇妙なバスクラリネットが響き渡っている。あまりの異様さに、
「ちょっと別のアルバムに変えようかな?」
 なんて、思い始めた頃に、2曲目でエリック・ドルフィーはフルートに持ち変える。
「はあ~。これなら気味悪くないわ・・・。いい感じやな~。さてと・・・新聞、新聞。」
マリガン・ミーツ・モンク そう思いながら、また意識は新聞の方へ戻って行き、暫く新聞に熱中する事になる。
 「ラスト・デイト」
が終った事に気が付いて、
「さて・・・、次は何を聴こうかな?」
 と考えた時に、フッと、
「そうや!バスクラリネットがマイナー楽器だったので、もう一丁マイナー楽器を聴こう!バリトン・サックスや!」
 と思い立って、CDの棚をゴソゴソ探って、ジェリー・マリガン「マリガン・ミーツ・モンク」を聴き始める。
「しっかし、いつ聴いてもジェリー・マリガンのバリトン・サックスって、滑らかで、バリトン独特の音色が気持ちいいな~。」
 と、1曲目のラウンド・ミッドナイトに聴き入ってしまう。その上、このアルバム、マリガンのバリトンの音もさる事ながら、タイトルでも分かる通り、ピアノがセロニアス・モンクなので、2人が実に不思議なコンビネーションを見せて、面白いのだ。
 こういうのを聴き始めると、新聞どころではなくなる。卓上のパソコンを立ち上げて、ウィキペディアでジェリー・マリガンを検索してみると、10年以上前に亡くなっている。
「ああ、そうなのか・・・。なるほどね。」
 と意味の分からない納得をして、そこから様々なジャズミュージシャン関連へネット・サーフィンして、時間が過ぎて行く。
 一旦キッチンへ行き、コーヒーを入れて書斎へ戻り、再びあちこちへネット・サーフィンして遊ぶ。そのうち、「マリガン・ミーツ・モンク」が終わる。
セロニアス・ヒムセルフ 次に流し始めたのはセロニアス・モンク「セロニアス・ヒムセルフ」ジェリー・マリガンを聴くうちに、モンクのピアノの方が気になり始め、ピアノ・ソロに近いのこのアルバムが聴いてみたくなったのだ。特に、
「ラウンド・ミッドナイトのソロ演奏はどんな物だったのかね・・・・?」
 と、気になって仕方なかったのだ。
 そういえば、僕は初めてセロニアス・モンクを聴いた時、良いのか悪いのかさっぱり分らなかった記憶がある。これだけ個性的な演奏をするピアニストはそれまでに見た事も聴いた事も無かったので、自分のピアニストの範疇を超えていて、言いようがなかったのだ。今現在でも、
「好きか嫌いか?」
 と尋ねられたら、
「好きだ」
 とは答えるだろうが、理由を上手く説明する自信がない。
 さて、この頃になると、ネット・サーフィンもジャズには全然関係ない項目に飛んでいて、少しずつ退屈してくる上にジャズを聴くのにも飽きてくる。まあ、聴いているアーティストがモンクだから、疲れたと言うのが正直な感想かもしれない。
「あ~あ~、今日は1番に熱い風呂に入って、ビール飲もう!」
 なんて事を考え始めた頃に「セロニアス・ヒムセルフ」が終る。
 僕はパソコンの電源を落として、部屋の電気を消して、子供達が騒がしいリビングへ出て行く。
 僕の休日の午後は、こういうパターンが1番多い。

    
[Music Eric Clapton] [Music Eric Dolphy] [Music Gerry Mulligan] [Music Thelonious Monk]


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : エリック・クラプトン エリック・ドルフィー ラスト・デイト ジェリー・マリガン セロニアス・モンク BALLADS |
Category: 聴き流し日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

エリック・ドルフィーの「ラスト・デイト」を聴いてみた。

2014.09.06 Sat
エリック・ドルフィー(ラスト・デイト) iphoneが故障した。スイッチの接触不良だ。少し前から気になっていたので、修理に出したら、2週間程かかると言われた。そんなわけで、現在オヤジは代替品を持たされ、寂しい思いをしている。代替品だと音楽が聴けないからだ。
「パソコンから同期すればいいじゃんか!」
 って言われそうだが、修理期間が2週間程度だから、大量にダウンロードしてあるPCからの同期がメンドクサイのだ。
 さて、iphoneで音楽が聴けないとなると、書斎のCD棚を引っ掻き回す事になる。そこで目に付くのは普段iphoneで持ち歩かないアルバムの数々。
「おお!コレ懐かしいねぇ~。」
 なんてのが色々ある。そんな中から今回流したのは、大昔にMDにダビングした1枚。エリック・ドルフィーの名盤「ラスト・デイト」だ。(←最近巷でMDを見かけないなぁ・・・。)
 「ラスト・デイト」エリック・ドルフィーの力量が如何なく発揮された名盤だと思うが、こんな事でもないとまず聴かないアルバムだ。理由は、彼のあの個性的な音楽がそれほど好きではないからだ。まぁ、それなのに聴いてみるのが初老オヤジの複雑な所なんだけどさ・・・。
 さて、そんなこんなで聴いた感想だけど、「ラスト・デイト」の面白さは、ドルフィーの音楽が常識から逸脱し、独自路線へ走り始める事で、聴く方が対応出来ずに戸惑う点にあると思っている。そして戸惑いながらも、琴線に触れるのは1曲目の「エピストロフィー」と5曲目の「ユー・ドント・ノー・ホワット・ラヴ・イズ」だ。
 「エピストロフィー」はバスクラリネットの音色と奇妙なリフが異界を感じさせ、
「どういう神経してたらこんな音楽が出てくるのだろう?」
 なんて思いつつ聴き入ってしまう。
 一方「ユー・ドント・ノー・ホワット・ラヴ・イズ」は、これはもう極楽を見るような感じ。ドルフィーの卓越したフルートは何者も寄せ付けない美しさを放っている。
 「ラスト・デイト」、“好きじゃない”と言いながらも結構面白いと思ってしまう1枚だわな。

   
[Music Eric Dolphy]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : エリック・ドルフィー ラスト・デイト |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |