無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ カーティス・フラー
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

カーティス・フラーの「ブルースエット」を聴いてみた。

2012.02.09 Thu
ブルースエット 今週は、あちこち車で出かける事が多かった。勿論仕事で出掛けたのだが、高知県は左右にだだっ広いので移動に案外時間がかかるのだ。そんな訳で、移動の間はずっと音楽を聴きながら車を走らせる事になるのだが、基本的にロック系の音楽ばかり聴いていた。やっぱり車を走らせるのには、ロックが一番しっくり来るのだ。
「じゃぁ、ロックアルバムの話をすればイイじゃないか!」
 と怒られそうだが、今回はジャズ。それも随分と古いモダンジャズのアルバムを聴いたのでその話をしたい。名トロンボーン奏者、カーティス・フラー「ブルースエット」だ。
 実を言うと、このアルバムをCD棚から見つけた時に、凄く懐かしくて、
「よっしゃ!コレ今度車で出掛ける時にキチンと聴いてやろう!」
 と鞄に忍ばせておいたのだ。
 オヤジが「ブルースエット」を初めて聴いたのは今から20年以上も昔の事で、当時はモダンジャズを聴き始めてまだ日が浅く、はっきり言ってトロンボーン奏者のアルバムなんて、ほとんど気にしていない時期であった。その上、モダンジャズのトロンボーン界にはJ・Jジョンソンという非常に上手いプレイヤーが君臨しており、カーティス・フラーというのはどうも2番手、3番手的なイメージしか無かったので、「ブルースエット」が名盤の誉れ高いのを知りながらも、
「まぁ、どうでもいいけど・・・。」
 そんな気持ちで手を出した事を覚えている。ところが1回聴いただけで妙に気に入ってしまった。とにかくカーティス・フラーベニー・ゴルソンの中音の息吹と言おうか、何かよだれが垂れてきそうなほど近くてリアルな音の存在感が凄いのだ。今回聴いてもそれは全く同じ。1曲目の「ファイブ・スポット・アフター・ダーク」が流れ始めると、ゾクゾクゾク~~と鳥肌が立つような快感があるのだ。改めて
「『ブルースエット』、名盤なり!」
 そう思ったオヤジなのだ。

 
[Music Curtis Fuller]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト


Theme:お気に入り&好きな音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : カーティス・フラー ブルースエット |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。