無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ カーペンターズ
RSS|archives|admin

カーペンターズの「イエスタディ・ワンス・モア」を夏の合宿で知った話

2007.05.16 Wed
ナウ&ゼン

 中学に入学して1ヶ月ほど経った、5月の半ばに僕は突然ギター部に入部した。中学に入って、楽器をやりたいという思いは、少しあったのだが、もっぱら関心は吹奏楽部で、うちの学校に、ギター部がある事は、知らなかった。
 たまたま、廊下で新入生歓迎コンサートのポスターを見て、
「へぇ~ギター部なんてあるがか?う~む、ギターやったら、一人でも曲が弾けるし、おお、そういやあ、家にギターがあるやか!」
 と思った。(僕の実家には、誰が弾いていたのか分からないが、古い腐りかけたようなクラシックギターがあった。)
 放課後、当時中2の教室の前にあった部室に尋ねて行くと、高2の先輩から
 「明日から部室に来たときは、“チワ!”と挨拶しや、それから、先輩には敬語使わないかんで~」
 と教えられ、
「ハイ、ど~ぞ」
 てな感じでギターを手渡され、
「こっちきや~」
 と連れて行かれた教室に入ると、そこには入部したての中1ばかりが4~5人集められて、メトロノームに合わせて練習していた。
 翌日から僕も、毎日毎日クラシックの基本練習をさせられたのだが、同じ中1の仲間がたくさんいたせいか(その後も中1はどんどん入部して、夏前には10人近くなったと思う。)そんなに退屈する事もなく、少しずつではあるが、確実にギターが上達してゆくのが分かった。
 そんな毎日がアッと言う間に過ぎて、1学期の期末試験も終り、学校は夏休みになった。
 我がギター部は、8月の上旬に高知市から車で1時間30分ほどの物部村(今は香美市という。)の長瀬青少年の家(←当時でもかなりオンボロだったんで、今はもう無いんじゃないかな?)で毎年恒例の夏合宿を予定しており、我々中1は、初めての合宿参加に、かなり興奮していた事を思い出す。
 当日は顧問のI先生とOBの大学生は車で出発し、我々学生(←高2から中1までで25人ぐらいいたかな?)は、小型のバスに楽器や荷物を積み込んで出かけたと思う。
 合宿中は基本練習、個人練習、パート練習、合奏、と細かくスケジュールが組まれていて、まあ、朝から晩までギター漬けの数日間だった。
当時クラブ内では、
「夏の合宿で上手くなる」
と言われていたが、その意味がよくわかった。
 でも、ハードな一日の中にも、休憩時間はちゃんとあって、僕達は卓球をしたり、トランプをしたりして楽しんでいた。
そんな時に誰かが持って来たカセットレコーダーからいつも流れていたのが、カーペンターズだった。
 多分、上級生の女子あたりが持ち込んだテープだと思うが、「イエスタデイ・ワンス・モア」を歌うカレン・カーペンターの声を
「きれいな声やなぁ~」
と思った記憶がある。
 顧問のI先生(英語の先生)も
「こういうのは発音の勉強になるで~」
と言っていた気がする。
 さて、今聴いてみると・・・・。
 確かに、カレン・カーペンターは素晴らしく美しい声をしている。(惜しい人を亡くしたもんだ。)
僕的には、定番の「イエスタデイ・ワンス・モア」「ジャンバラヤ」よりも、今回は「マスカレード」にぐっと来た。この曲はジョージベンソンが歌うのを大学生の頃、入れ込んで聞いていたので、とても好きなのだが、カレンが歌うのもすごくいい。
 でも、今聴こうとすると、偏った知識やみょうに肥えた耳が邪魔して、純粋に感動出来ない気がしてならない。単純に
「きれいな声やなぁ~」
と感動していたあの頃の自分がうらやましくなってしまった。
 僕はカーペンターズで初めて洋楽の世界に触れた。初めての洋楽にしては、あまりにスタンダードで女性的だと思うが、あの頃の土佐の田舎のなんにも知らない中学1年生には、カーペンターズがすごく似合っている気がしているのだ。

Carpenters : Yesterday Once More





[Music Carpenters]


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : カーペンターズ イエスタディ・ワンス・モア ナウ&ゼン |
Category: 中学1年の頃 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

カーペンターズの「A SONG FOR YOU」を聴いてみた。

2008.01.23 Wed
A SONG FOR YOU 高校生の長男が、
「お父さんは、英語の曲とか、歌の無い曲ばっか聴くけど、意味が分かって聴きゆうがかえ~?」
 などと、鋭い質問をしてくるので、
「う~む・・・。お父さんは、中学の頃から洋楽ばっかり聴いて来たの。だから、英語が分からなくても、雰囲気を楽しむの!歌の無い曲も雰囲気、雰囲気よ!わかる?」
 そう言うと、
「俺なんか、歌詞が分らんかったら、曲聴いても全然面白くないで!」
 と言う。
 最近の若者が聴く音楽には、邦楽と洋楽の境がなくなり、僕らが若い頃のように、
「洋楽の方が断然かっこいい!」
 なんて思いは、全くないようだ。
 そんな事を考えていると長男が、
「まあ、俺も、カーペンターズの『トップ・オブ・ザ・ワールド』ならわかるぞ~。中学の時、音楽の授業でやったわ。」
 などと言う。
「へ~っ、授業でねぇ~。なるほど・・・。」
 納得しながら長男にアルバム「A SONG FOR YOU」「トップ・オブ・ザ・ワールド」を聴かせると、
「そうそう、これこれ!いいねぇ~」
 なんて言いながら一緒に歌っていた。
「これがいいと思うなら、洋楽には他にもイイのがいっぱいあるぞ!」
 そう言うと、
「まあ、そのうちね~。」
 こう言って自分の部屋に消えた。
 長男の部屋からは相変わらず最近の邦楽がガンガン流れている。

The Carpenters : Top Of The World





[Music Carpenters]


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : カーペンターズ ア・ソング・フォー・ユー トップ・オブ・ザ・ワールド |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

三男の音楽洗脳計画の今後

2012.05.28 Mon
 オヤジには3人の息子達がいるが、3人共に超体育会系であまり音楽には興味が無いようだ。とは言いながらも、i-Podはいつも携帯しているので時々、
「こいつら一体どんな音楽を聴いているのだろう・・?」
 なんて事を思うのだが、どうも今流行りのAKB48の曲だったり、ジャニーズ系の曲だったりと、大きな声では言えないが、オヤジとしてはあまりピンと来ない曲ばかりなのだ。
 現在大学生となって東京で生活している長男の音楽的趣味は分からないが、高校時代は上記のような曲を聴いていたので、今でもそんなに変わっていないと思うし、高校生の次男はこの兄貴の影響からか、全く同じ路線を継承した音楽を聴いて喜んでいるようだ。
 で、三男である。この三男、現在中学2年生なのだが、中学の入学祝にi-podを買ってやった時から、少しずつオヤジが洋楽に洗脳しているのだ。
1 中学に入学して少し経った頃に、たまたまビートルズの話題が出て、
「チャンス!!」
 と思ったオヤジは三男に、
「歌謡曲もイイけど、ビートルズはええぞ~。試しに聴いてみたら?知ってる曲が色々あるはずだぞ。」
 そう言って、ベストアルバムの「1」を貸したのだが、コレに三男が食いついたのだ。
 ご存知のように、「1」はビートルズの楽曲の中から、アメリカやイギリスの音楽チャートで1位になった曲ばかりを集めたアルバムなので、耳慣れたナンバーが並んでいる。
「そうだろ~。洋楽も捨てたもんじゃないだろう?このアルバムの曲のほとんどはお父さんが小学校に上がる前の曲なんだぞ。古くても良いモノは、良いだろ~?」
 なんて言いながら、心の中では、
「ケケケッ!第一ステップは成功じゃ!」
 なんて喜んでいたのだ。そして、面白い事が分かったのだが、オヤジが、
「『1』の中でどの曲が好きなんだ?」
 と三男に聞くと、彼が挙げた曲は、キャント・バイ・ミー・ラヴハロー・グッバイレット・イット・ビーとまぁ、ポール・マッカートニーの曲がほとんどだった。
「なるほどねぇ・・・やっぱ第一印象はジョン・レノンよりもポール・マッカートニーの方なんだなぁ・・・。」
 なんて妙に納得した事を覚えている。
ライヴ・イン・ジャパン さて次にオヤジが三男に聴かせたのは、ディープ・パープルだった。意外に思うかも知れないが、この選択は単にオヤジの強い思い入れからだ。と言うのも、オヤジが中学生の頃にロックを聴き始めたきっかけとなったアルバムが彼等の「ライヴ・イン・ジャパン」で、オヤジが昔感じた覚え易いリフ、ロックお決まりのシャウトとギターの早弾き、そしてゾクゾクするような疾走感の感動を息子に植え付けたかったのだ。
 で、またもやこの「ライヴ・イン・ジャパン」に三男は食いついた。思った通りで、
「ハイウェイ・スターは凄い!」
 などと言い始め、一人部屋でイヤホンから流れ出て来る大爆音に身をゆだねて、興奮している姿を何回か見かけたのだ。そして、後に聴かせた「24カラット」スピード・キングに喜び、「紫の炎」バーンに興奮し、オヤジが遊びでブラック・ナイトのリフをギターで弾くとニヤニヤしながら近寄ってくるようになったのだ。
「へへへっ・・・洗脳は順調なり・・。」
 そう思った事だった。
24カラット 紫の炎 とまぁ、そんな風に三男はビートルズディープ・パープルの2本立てで暫くの間は喜んでいたのだが、最近になって何処で聴いてきたのか知らないが、オヤジに
「ねぇ・・・カーペンターズのアルバムは家に無いの?」
 なんて事を言い始めたのだ。
「はぁ?何でお前、突然カーペンターズなのよ?」
 と聞くと、
トップ・オブ・ザ・ワールドが聴きたい!」
 そう言う。オヤジは、
「学校の授業ででも聴いたのかね?」
 なんて思いながら、
「このアルバム聴いてみな。」
 と、カーペンターズのベストアルバム「青春の輝き・ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ」を渡したのだ。で、現在はどうもカレン・カーペンターの天使の歌声にはまりまくっているようで、
「う~む・・癒される・・。」
 なんて言っているのだ。
ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ オヤジがカーペンターズの曲を聴いて、
「ほう・・・。ええもんじゃなぁ・・。」
 そう思ったのは中学1年の時なので、現在中2の三男がこのグループにハマるのは実によく分かる。あの美しい歌声と、素晴らしいメロディーにゾクゾクしない奴はそうそういない訳で、三男のこの選択に対しては、
「結構いいんじゃないの?」
 なんて思っているオヤジなのだ。
 で、今後である。この次に三男に何を聴かせるかをオヤジは結構悩んでいるのだ。
「まぁ、順序としてストーンズ辺りが妥当かなぁ・・?」
 なんて事を考えるのだが、ビートルズのメロディアス路線から上手くストーンズの世界に入って行けるかがイマイチ分からないし、そうかと言って、まだクラプトンのブルースを聴いて唸る年齢でもない。プログレをじっくり聴き込むほど音楽に興味があるとも思えないし、ならば能天気で分かり易いアメリカン・ロックが無難な線かも知れないが、どうも面白実に欠ける。いっその事、王道のツェッペリンに行くか?とも思ったが、彼等の凄さが分かるには、ある程度ロックを聴いた耳が無いと無理なような気がする。
「ここは趣向を変えて、ジャズを聴かせてみるか?」
 なんて思ったが、
「オヤジはどうして歌の無い音楽を聴くのだ?」
 なんて事を言ってる三男には絶対に無理だ。
 ・・・とまぁ、実にアホラシイ事で頭を悩ます今日この頃なのだ。
 皆様、何か良い御意見無いでしょうか?しょうもないオヤジの悩みに解決策を・・・・。

    
[Music Beatles]  [Music Deep Purple]  [Music Carpenters]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ディープ・パープル ビートルズ カーペンターズ |
Category: 自分勝手な話 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |