無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ クリフォード・ブラウン
RSS|archives|admin

ヘレン・メリルの「ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン」を聴いてみた。

2008.04.11 Fri
ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン 今年の春は、身内に不幸があったり、毎週のように休日出勤して働いたり、先週は東京に出かけたりと、公私共に非常に忙しく、これまで息抜きの暇もなかったが、ここに来て仕事も落ち着き、春休みが終って子供達の学校もそれぞれ新学期が始まり、僕の生活もいつものペースを取り戻そうとしている。
 個人的にはこの辺で、エンジンをかけ直して、
「さ~て!仕事もプライベートも頑張るぞ~!」
 なんて思いたいのだが、実際は、ホッとして体から力が抜けてしまっている。
 今夜聴いているアルバムは、ヘレン・メリル「ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン」だ。
 力が抜けた体にヘレン・メリルのハスキーな声と、クリフォード・ブラウンの渋いトランペットがピッタリだと思い棚から引っぱり出した。
 ヘレン・メリルの事を、
“ニューヨークのため息”
 とはよく言ったもので、ハスキーだけれども、よく通る声で、囁くように歌われると妙に気持ちが良くてゾクゾクする。
 滅多に聴かないアルバムだけれど、(←10年以上前に購入して、1回聴いたきりかもしれない・・・。)今の気分にはピッタリで満足している。

Helen Merrill, You'd Be So Nice To Come Home To





[Music Helen Merrill]



Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ヘレン・メリル ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン クリフォード・ブラウン |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

クリフォード・ブラウンの「スタディ・イン・ブラウン」を聴いてみた。

2013.04.26 Fri
スタディ・イン・ブラウン 世の中、大型連休に突入する。毎年の事ながら、オヤジは何処へも出掛ける事無く、ビールと昼寝と音楽と読書を楽しみに、只々ノンビリする事を夢見ているのだが、さて、どうなるか・・・?なのだ。
 昨夜の事だが、
「連休中にどんなアルバムを聴くかなぁ~?」
 なんて事を考えつつ、CD棚の前をウロウロしていると、衝撃的な事に気が付いた。(←実際そんな大袈裟な話じゃないんだけどさ。)たまたま目に止まったのがクリフォード・ブラウンのアルバムなのだが、考えてみると、このモダンジャズ界の超大物トランぺッターを、オヤジは一度も記事にした事が無かったのだ。(←ね?大した事ないでしょう?)オヤジはこのブログを始めて来月で丸6年になる。その上、この人のアルバムは少なくとも4枚は持っているにもかかわらず・・・だ。
「何故だ・・・?」
 なんて思ったのだが、考えてみるに、多分この人のプレイはあまりにも上手過ぎて、ツッコミ所が無いからなのかも知れない。ただただ、
「上手いよなぁ~」
なのだ。しばらく聴いてない訳ではなく、聴いてもプレイが流暢過ぎて、
「こんな上手い人が昔はいたのだねぇ。」
 そんな感想を抱くだけなのだ。まぁ逆に上手過ぎる所がツッコミ所かも知れないけれど・・・。そんな訳で、
「よし、ひとつ記事にしてやろうじゃないか!」
そう考えて目についた一枚、「スタディ・イン・ブラウン」を流し始めたのだが、まぁ~聴けば聴くほど流暢で上手い。こんなにペラペラとトランペットを拭きぬく(←変な表現だけど)奴はこの人以外にはいないと思うのだ。
「あったり前だろ!アホ!」
って言葉が聞こえてきそうだが、やっぱ、
「上手いよなぁ~」
 コレしか感想が出てこない。あんまり上手過ぎてソレばかり気になって、肝心の曲に入り込めないのだ。俺って変かなぁ??


[M;Clifford Brown]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:本日のCD・レコード | Genre:音楽 |
FC2タグ : クリフォード・ブラウン スタディ・イン・ブラウン |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |