無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ コラボレーション
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ジョージ・ベンソンとアール・クルーの「コラボレーション」を聴いてみた。

2011.01.25 Tue
コラボレーション ジョージ・ベンソンアール・クルーが共演したアルバム「コラボレーション」を聴いていて、ふと思った事がある。それは、
「ここ数年来、『コラボレーション』だの『コラボ』だのとよく耳にするが、この言葉、俺には全く馴染まないなぁ~。」
 という事だ。
「そんな事を言ってるから、お前はオヤジなんだよ!」
 と誰かの声が聞こえてきそうだが、オヤジの頭の中では『コラボ』という言葉の響きと、『共演』のイメージは全く結びつかない。ゆえに、テレビで若いタレントあたりが嬉しそうに
「素晴らしい『コラボ』でしたねぇ~!」
 なんて言っていると、
「『コラボ』なんて言うな馬鹿!普通に『共演』と言えばいいじゃないか!おい!」
 と、頭の固い爺さん発言をしたくてたまらなくなるのだ。
 ・・・とまあ、まずは言いたい事を言っておいて、アルバムの話をするが、この「コラボレーション」なるアルバムは、ギター好きは勿論の事、それ以外の人も十分に楽しめるアルバムだと思っている。
 ジョージ・ベンソンアール・クルーのギターが気持ちイイのは言うまでも無いが、どちらかと言えばメロディアスで流れるようなフレーズを奏でる2人を、バックでマーカス・ミラーの生きのいいスラップ・ベースと、ハーヴィー・メイソンの貫録ドラムがガッチリとガードしているのだ。
 「コラボレーション」は、BGMとして聴き流す事が出来る上質のフュージョンであると同時に、一方で、真剣に耳を傾けると、実はそれぞれの曲が細部まで計算されている事が分かり、全体的にはキュッと締まった感じがするアルバムなのだ。
 アルバムタイトルはどうも馴染めないが、まぁコレはオヤジの我儘な訳で、肝心の中身はお墨付きの一枚だと思っている。
どや?皆さん。

 
[Music George Benson] [Music Earl Klugh]



スポンサーサイト


Theme:おすすめ音楽♪ | Genre:音楽 |
FC2タグ : ジョージ・ベンソン アール・クルー コラボレーション |
Category: Jazz/Fusion | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。