無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ サヴォイ・レコーディングス~マスターテイクス
RSS|archives|admin

チャーリー・パーカーの「サヴォイ・レコーディングス~マスターテイクス」を聴いてみた。

2016.06.09 Thu
サヴォイ・レコーディングス~マスターテイクス2 先週から女房が東京の実家に里帰りしているので、我が家はここ数日、オヤジと三男坊との2人暮らしだ。平日は仕事を終えて帰宅してから、夕飯の準備や洗濯等の家事をやるので何かと忙しいが、土日は女房の留守をいい事に、音楽と映画と酒の、怠惰な2日間をすごした。
 で、不思議なもので、そんな贅沢な環境に置かれると、
「こんな時こそ日常では聴かない音楽を聴いてみよう!」
 て意識が自然に働くのか、マイルス・デイヴィスとか、セロニアス・モンクとか、アラン・ホールズワースとか、まぁ、ちょいと考え込むようなアルバムばかり流してしまった。
 そんな中の1枚がチャーリー・パーカー「サヴォイ・レコーディングス~マスターテイクス」だ。まぁ、チャーリー・パーカーは考え込む程では無いにしろ、こんなアルバム、普段は絶対に聴かない。でも急に、
モダン・ジャズが世に出た頃の貴重な記録を久しぶりに聴いてみるかなぁ・・・。」
 なんて考えて(←こんなマジメな事は普段は絶対に考えない)引っ張り出したのだ。
 さて、その「サヴォイ・レコーディングス~マスターテイクス」だが、ここに収められているセッションは1940年代から50年代と非常に古く、音が悪いのはしょうがないが、中身をバカにしちゃいけない。混沌とした音の塊の中で、チャーリー・パーカーが奏でるアルトの音は非常に存在感が強く、その歌心とアドリブの多彩さに圧倒される。そして、演奏は、
「現在でもこれだけのインプロヴィゼイションをぶちかますミュージシャンはそうそういないでしょ?」
 って思うぐらい、イケイケのガチなのだ。
 こういうのを聴いていると、『モダン・ジャズが世に出てきた当時の息吹を感じる』というよりも、『この時点で既にモダン・ジャズの根幹は、チャーリー・パーカーによって、完成されている』ということに気が付く。
 オヤジは、この「サヴォイ・レコーディングス~マスターテイクス」を聴くことで、
『何故チャーリー・パーカーが天才とよばれるのか?』
 そして、
『何故チャーリー・パーカーの後にも先にもジャズにおける天才が出現していないのか?』
 が良く分かると感じている。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>


[Music Charlie Parker]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : チャーリー・パーカー サヴォイ・レコーディングス~マスターテイクス |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |