無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ シン・ゴジラ
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

シン・ゴジラと今日の1曲

2016.08.30 Tue
シンゴジラ 遅ればせながら、話題の映画「シン・ゴジラ」を観てきた。
「で、どうだったか?」
 って言うと、とてつもなく感動した。
「よくこんな映画作ったよなぁ・・・。」
 である。
 とにかくこの映画、ゴジラだけが嘘で、他は全部本当って思わせる所が非常に怖くて面白い。
 ゴジラに破壊される東京の街並みがリアルなのは勿論、逃げ惑う人々がリアルで、過去の怪獣映画みたいに、
「あっ!ゴジラだ!」
 なんて恐怖顔して指さす人間なんて一人もいない。ゴジラから遠い人々は、皆スマホをかざして撮影に夢中だし、近い人は逃げるが、その方向がバラバラで、全員がカメラの方向に向かって逃げてくるなんて事はない。腰が抜けて動けない人や、呆然と見上げて巻き込まれてゆく人もいる。不謹慎だが、東日本大震災の津波から逃げる人々の映像と重なり、
「実際はこうだろうなぁ・・・。」
 なんて思い、非常に怖いのだ。
 一方、ゴジラを迎え撃つ政府は?と言えば、コレもリアルの塊。難しい法律用語が機関銃のように飛び交うが、法律の解釈、指揮命令系統、総理大臣の権限、自衛隊、諸外国との折衝とまぁ、こっちも、
「こうなるんだろうなぁ~」
 って思う部分が満載である。
 オヤジは「シン・ゴジラ」が話題になっているのは知っていたが、事前情報がほとんど無かったので、知識ゼロでの鑑賞だったが、それが幸いしてか、終盤では涙が出そうなくらい感動してしまった。そして、絶対に続編が出来そうな結末。
「早く次が見たい。この後どうなるんだよ。おい!」
 って、こんなに思う映画は最近では珍しい次第だ。

 さて、ゴジラ話はこの辺にしておいて、前回から始めた個人的名曲の紹介をしたい。
 今回は、クイーンのアルバム「ライブ・キラーズ」より「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」を取り上げる。
クイーン(ライヴ・キラーズ)3

 「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」はクイーンというバンドに不動の地位を与えたアルバム「オペラ座の夜」に収録されたバラード曲で、個人的に『実にクイーンらしい』、もっと言えば、『フレディー・マーキュリーらしい曲』だと思っている。
 この美しいバラードを朗々と歌い上げるフレディーには、いつも感動させられるが、特に今回聴いたのはライブ盤であり、フレディーが観客と一緒になって「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」を歌う。その辺が背中ゾクゾクのポイントで、聴きどころだ。
 しかしまぁ、「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」なんて曲名、恥ずかしげもなくよく付けるもんだなんてオヤジは思う。曲名だけ聞くと越路吹雪とか美輪明宏が頭に浮かぶもんね・・・とまぁ、その辺は日本人の悲しいところだけどさ。
 いや、話がそれたが、「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」、名曲だと思っています。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

Queen - Love of my life


『シン・ゴジラ』予告


『シン・ゴジラ』予告2



[Music Queen]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 

スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : シン・ゴジラ クィーン ラヴ・オブ・マイ・ライフ |
Category:今日の1曲 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。