無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ジム・ホール
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ビル・エヴァンスの「アンダーカレント」を聴いてみた。

2009.11.05 Thu
アンダーカレント 先週末、昔大変世話になった人物の通夜に出席した。通夜の会場は、我が家から1時間以上も車で走った所にある小さな町だったので、仕事を少し早めに切り上げたオヤジは、日が暮れ始めた国道を目的の町へむかって車を走らせた。
 出発する前に、
「どんなアルバムを聴きながら走ろうかな?」
 なんて事を少し考えたのだが、家でCDを選ぶ時間が無かったので車に積んだままのCDから一枚を選んだ。
「あらまぁ、こんな所にあったのか・・。久しぶりだなぁ・・・。」
 そう思いながら流したのは、ビル・エヴァンス「アンダーカレント」だ。このアルバムは、ビル・エヴァンスとギターのジム・ホールのデュオ作品で、10年ほど前まで年に何回も聴いては
「エエなぁ・・・・・。」
 とため息をついていた記憶がある。
 僕は「アンダーカレント」の最大の魅力は、静かな中にもピアノとギターが火花を散らす真剣勝負の会話があり、ピンとした緊張感の上に美しいロマンティシズムが成立している所にあると思っている。
 何を思う訳でもないのだが、通夜へ向かう車の中で耳を傾ける音楽としては、上出来のような気がしてならなかったのだ。

 
[M;Bill Evans]

スポンサーサイト


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : ビル・エヴァンス アンダーカレント ジム・ホール |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。