無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ スタンダード・タイム・Vol.1
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ウィントン・マルサリスの「スタンダード・タイム・Vol.1」を聴いてみた。

2010.09.10 Fri
スタンダード・タイム・Vol.1 前回ウィントン・マルサリスの記事を書いたが、それ以来彼に凝っている。
「何故そうなってしまったか?」
 と言うと、久しぶりに聴いたアルバム「スターダスト」から感じた不思議な感覚が気持ち良くて、ずっと尾を引いているからなのだ。
 ちょっと説明すると、ウィントン・マルサリスの演奏は、聴けば聴くほどテクニックは凄いし、そのテクニックに裏打ちされた彼の音楽の世界は個性的で他の追随を許さない。しかし、この個性は、『ジャズという音楽の範疇での個性』ではなく、全く異なる土俵での個性のような気がするのだ。
 この不思議な感覚は、80年代にウィントン・マルサリスが脚光を浴びた当初からずっと言われ続けたモノで、これが彼に対する非難の元にもなった。しかし幸いな事に、オヤジはこの『他のジャズミュージシャン達とは全く異なる不思議な感覚』がとても気持ち良く、楽しく彼のアルバムを聴いてきたのだ。
 さて、今回久しぶりに聴いたのは「スタンダード・タイム・Vol.1」。オヤジが非常に好きなアルバムだ。
 このアルバムでウィントンは、ジャズのスタンダード・ナンバーの数々を非の打ちどころが無いほど素晴らしく演奏している。叙情的で溢れ出るフレーズの数々は、申し分が無く実に感動する。
 前出の不思議な感覚はあるが、「スタンダード・タイム・Vol.1」を聴いていると、ジャズだ、クラシックだ、テクニック重視だ、云々と議論する事が馬鹿馬鹿しく思えてくる。そして最後には、
「何だかんだ言っても、ウィントンの演奏は感動する事間違いないんですけど・・・。」
 そう呟きたくなるのだ。

 
[Music Wynton Marsalis]



スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ウィントン・マルサリス スタンダード・タイム・Vol.1 |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。