無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ スタンピ-ド
RSS|archives|admin

ドゥービー・ブラザーズの「スタンピ-ド」を聴いてみた。

2010.09.01 Wed
スタンピード 8月も終りに近づいて、朝晩は若干涼しくなったような気もするが、日中は相変わらず阿呆のように、
「暑い~暑い~」
 と叫ぶ日々が続いている。
 会社にいればエアコンの恩恵にあずかれるのだが、休日家にいると女房の方針が、
「電気代がもったいないので、夕食の時までエアコンのスイッチは入れません!!」
 なので、オヤジはタオルを首に巻いてダラダラと汗を流しながら家の中をウロウロする事になるのだ。
「せめて、音楽くらいは涼しいモノを流したい・・・。」
 なんて思うが、そう簡単には涼しい音楽なんて見つからないのが現実なのだ。
 そんな中、
「こりゃいいぞ!!」
 そう思ったのが、ドゥービー・ブラザーズの1975年のアルバム「スタンピード」だった。
 この当時のドゥービーの魅力は、アメリカの広大な砂漠を疾走してゆくようなリズム感と天へ抜けてゆくような音の広がりにあると思っている。
 また、個人的にベースのタイラン・ポーターの煽りまくる熱いベースラインが大好きなせいもあり、ノリノリで「スタンピード」を聴きながら広大で暑い砂漠に思いを馳せていると、一瞬ではあるが、
「暑いのも結構!!このアルバム、今の季節にピッタリじゃないか!!」
 と言いたくなってくるのだ。
「暑い時には、真正面から熱い音楽を聴くのも、暑さを忘れる事が出来る一つの方法なのかも知れない・・・。」
 そんな事を考えてしまうアルバムだったのだ。

 
[Music Doobie Brothers]





Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ドゥービー・ブラザーズ スタンピ-ド |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |