無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ スタンリー・クラーク
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

スタンリー・クラークの「スクール・デイズ」を聴いてみた。

2012.03.16 Fri
スクール・デイズ オヤジはこのブログで曲にまつわる自分の思い出話を時々書いている(←カテゴリーの「あの頃の曲を聴いてみた」の部分です)。中学1年の時の話からスタートし、現在は大学2回生の話まで書き進んでいるのだが、記憶というのは面白いもので、当時聴いていたアルバムを聴く事で突然思い出す出来事が結構あるのだ。
 先日も大学生の頃に聴いていた古いアルバムを何枚か流して当時の思い出に浸っていたのだが、その中の1枚、スタンリー・クラーク「スクール・デイズ」を聴いて、大学生の頃に感じていた違和感を思い出してしまった。
 そもそも、当時のオヤジはスタンリー・クラークのベースプレイがあまり好きではなかった。若い時から頭が古臭かったのかも知れないが、
「ベースたるもの、いくら目立とうがベース本来の“縁の下の力持ち”的な役割を果たさなければベースの意味がない。」
 そう考えていたので、スタンリー・クラークのあのアレンビックのベースで奏でる独特の硬質の音と、妙に目立ち過ぎる演奏姿勢に拒絶反応を起こし、ましてやピッコロ・ベースなんてモノを持ち出されると、
「こりゃ~ベースじゃないわ・・・。」
 そう感じていたのだ。
 今回、改めて「スクール・デイズ」を聴くと、確かにこのアルバムはフュージョンの歴史の中に燦然と輝く名盤である事には間違いない。特にタイトル曲の「スクール・デイズ」におけるスタンリー・クラークの独創的なベースプレイは、他のベースプレイヤーの追随を許さないと思っている。しかしこのアルバムでの彼のベースプレイはやっぱり、
「コレ、本当にベースで演奏する必要があるの・・?」
 なんて事がふと頭をよぎるのだ。
 オヤジは、「スクール・デイズ」でのスタンリー・クラークのベースプレイは、ベースという楽器の本来の特色を削ぎ落し、全く異なる楽器へと変貌させた上でのプレイの様な気がしてならないのだ。

Stanley Clarke-School Days


 
[Music Stanley Clarke]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : スタンリー・クラーク スクール・デイズ |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

スタンリー・クラーク・バンドの「スタンリー・クラーク・バンド フィーチャリング 上原ひろみ」を聴いてみた。

2013.07.20 Sat
スタンリー・クラーク・バンド フィーチャリング 上原ひろみ オヤジは大学生の時にベースを弾いていたので、昔からベースシストのアルバムはギタリストのそれと同じくらい関心を持って聴いてきた経緯がある。まぁ、そうは言っても、自分が好きなアーティストが優先される訳で、画像のスタンリー・クラークなんて人は、どちらかと言えば嫌いな部類に入るベーシストなので、これまでどうも触手が動かなかったのが正直なところなのだ。
「んじゃぁ、何でそんな人のアルバム聴いてるのよ?」
 なんて突っ込まれそうだが、オヤジがこの「スタンリー・クラーク・バンド feat. 上原ひろみ」というアルバムを聴いてみる気になった理由は2つ。1つ目は大好きな上原ひろみがゲストで参加している点。もう一つは、このアルバムが、2010年のグラミー賞で最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞を受賞したからだ。
「へぇ、グラミー賞ねぇ・・。そんでゲストが上原ひろみか・・ひょっとしたら凄くいいアルバムかも知れないぞ!」
 ・・とまぁ、そんな事がふと頭をよぎったのである。
「んで、聴いてみてどうだったの??」
 って話になるのだが、正直言うとオヤジは何故コレがグラミー賞なのかよく分からないのだ。良くないって事じゃなくて、収録曲の数々は往年のフュージョンの父系を引き継ぐようで、実にオヤジ好み。その上「嫌い」とは言いながらもスタンリー・クラークの衰えを知らない壮絶なベースプレイを聴く事も出来る。でも、はっきり言うと、何となくキラッと光るようなモノが見えない。あまりにも普通過ぎるような気がするのだ。
「何を偉そうな!」
 なんて怒られそうだが、こんな風にオヤジが感じたのは事実。そうなってくると、『もっとスタンリー・クラークと上原ひろみは正面から火花を散らすように絡んで欲しかった。』とか、『相変わらずだけど、ベースギターで曲の主旋律を弾く意味があるのか?』とか、『何でジャケットのアレンビックのベースにトレモロ・アームまで付けてるの?変じゃない?』などと、関係ない事まで気になって、イライラしてくる次第なのだ。
「まぁ、あと10回くらい聴けば良さが分かるようになるのかも知れない・・・いや、絶対そんなわけないなぁ・・・。」
 なんて事を思う1枚でした。


[Music Stanley Clarke]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : スタンリー・クラーク・バンド フィーチャリング・上原ひろみ スタンリー・クラーク |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。