無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ スティーブ・ハウ
RSS|archives|admin

イエスの「ザ・クラップ」でスティーブ・ハウの物凄さを知った話。

2007.07.27 Fri
イエスⅢ

 高校になっても、中学同様に僕のプログレ熱は、ハードロック熱と平行して続いており、
その中心にいたのは、やっぱりイエスだった。
 アルバム「こわれもの」で衝撃を受けた僕はその後、「危機」、「イエスソングス」、「リレイヤー」と聴いていって、イエスのスティーブ・ハウが1番好きなギタリストになった。(←その後、30年近く経った今でも最高のギタリストだと思っている。)
 彼は、普通のエレキギターのみならず、アコースティック、スティールギターと器用に何でも弾きこなし、それが、めちゃくちゃ上手いのだ。
「ああいうギタリストにならないかん!」
 と、その頃の僕は、本気で思っていた。
 僕らがよく通っていたレコード店で、イエスのライブ映像が見られるという話を聞いて、バンド仲間数人と見に行った事がある。
 その店は、帯屋町にある大西時計店という店で、2階のレコード売場のテレビで、ビデオを鑑賞する事が出来た。
 店員にお願いして、ビデオをセットしてもらい、吹き抜け部分の前に設置された大型テレビに映し出されたイエスの姿は、なんだかきれいな人形みたいな感じだった。
 彼らの衣装はキラキラでヒラヒラ。髪の毛はサラサラのロン毛で、派手なアクションがあるわけでもなく、演奏に没頭していて、なんとなく女のような印象をうけた。
 ロックの汗のイメージではなくエメロンシャンプー(←古いよなぁ~。)のイメージだ。でも、そんな世界が嫌いじゃない僕は、
「そうか~プログレはハードロックみたいに汚かったらいかん!俺もこれからは美しゅうないといかんぞ。キラキラもヒラヒラも、えいぞ、えいぞ~」 
 と、密かに思った。この事が大学生の時に学祭で化粧をしてライブをした事に関連していると思う。(←一部では美しいと評判だったけど・・今思うとキモいよなあ~。)
 今となっては、ビデオの内容は、ほとんど思い出せないのだが、一曲だけ強烈な印象で覚えている曲がある。それが、「ザ・クラップ」という曲だ。
 スティーブ・ハウが例のキラキラ・ヒラヒラで長い金髪をなびかせ、アコースティックギターをさげて登場し、いきなり弾き始めた印象がある。
 これには参った。降参した。物凄いのである。ギターソロの短い曲なので、すぐに終わってしまうのだけれど、彼の驚異的なテクニックにあっけにとられてしまった。
「なんじゃ・・・?今のは・・・?おい、見たかや?アコースティック1本でなんであんな事が出来るがな?えぇ?何しよったか全然わからんかったぞ。」
 と、非常に興奮した事を覚えている。
 それから僕はこの曲を探し求めるのだが、この時一回見たきりで、曲名も知らなかったので大変だった。
プログレ好きのY川君に、
「おい、こないだ一緒に見たビデオでスティーブ・ハウがソロで弾いた曲の名前知っちゅうかや?」
 と、聞くと、
「さあ~知らんぞ~。あんな曲聴いたことなかったぞ~。ひょっとしたら、ライブやき、客を喜ばすアドリブやないが~?」
「あほう。なんぼ言うたち、あれはアドリブでは弾けん。あれがアドリブやったらスティーブ・ハウは宇宙人じゃ。キチガイじゃ。」
 なんて事を言っていた。
 当時、僕らが曲を手に入れる方法は、LPを買うか、借りるか、ラジオのFM番組をチェックして録音するかの方法しかなかったので、(←レンタルレコード店はまだ無かったなあ。)結局、情報不足で謎の曲のまま時間が経っていった。
 僕がこの曲に再会するのは、それから4年後の大学1年の時だった。「ザ・クラップ」はイエスのサードアルバムにちゃんと収録されているのだが、悲しい事に、当時の、僕の周りには、このアルバムを持っている友達はいなかったのだ。(←結構有名な曲が収録されて、いいアルバムなのに、何故だろう?) さて、今改めて聴いてみると・・・。
 「ザ・クラップ」はライブでの録音がされている事を今回思い出した。あの時思ったように、やはりちょっと真似出来ないくらい難しい曲で、
「やっぱりスティーブ・ハウはすごいよなぁ~」
 と、感じてしまう。
 彼は、出てくるアドリブが普通のギタリストでは絶対に弾かないような個性的なフレーズで、
「もう、血というか遺伝子レベルで、普通のギタリストじゃないのだ。」
 と、思ってしまう。
「どんな環境で、どんな物食べながら、どんな音楽を聴いて大きくなると、こんな不思議なギタリストが出来るのか?それが知りたいもんだ。」
 と、思った事でした。


Steve Howe : The Clap


 

[M;Yes]




FC2タグ : イエス ザ・クラップ スティーブ・ハウ イエスⅢ |
Category: 高校1年の頃 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |