無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ストレンジャー
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ビリー・ジョエルの「ストレンジャー」でバッキングに目覚めた話。

2007.08.18 Sat
ストレンジャー

 中学の頃から聞き始めたラジオの深夜放送は、高校になると、毎晩のように聞くようになり、そこで流れる洋楽が楽しみの一つになった。
 学校では、バンド仲間以外との音楽の話は、流行りの洋楽と、歌謡曲が主で、そっちの話も、なかなか興味深く、色々と刺激があった。
 そんな洋楽の中で、この頃、しょっちゅうラジオから流れていたのが、ビリー・ジョエル「ストレンジャー」だ。
 寂しげなピアノと口笛の前奏から始まるこの曲は、ニューヨークを思わせる都会的な雰囲気があって、当時、ほとんどハードロックプログレッシブロックしか聴いた事がない僕でも、すっと気に入って、下宿の部屋で、前奏の口笛をよく吹いていた事を覚えている。
 で、この曲、僕の1年先輩のバンドがよく練習していたのを見た事があるのだが、前奏やギターのリフはカッコ良く決まっているのに、いざ、歌になると、どうもズッコケ気味の演奏であった。
 最初、僕はその原因がどこにあるのか、よくわからなかったけれど、下宿に帰って、改めて「ストレンジャー」を聞くうちに、レコードと先輩たちの演奏が、決定的に違う点がわかってきた。それは、ギターのバッキングの問題であった。
「ギターのバッキングが、レコードと違うんや!それに、バッキングのリズムが悪いから変に聴こえるんや。そういや~あのバンドのギター、ぎこちなかったもんな~。」
 などと、実に、勝手な事を言い、
「こういうふうに弾けば、ええろう。こういうふうに!」
 なんて、ギターを引っぱり出して、コピーを始めた。
 ところが、これが結構難しいのだ。
 考えてみると、それまでの僕は、ギターでのバッキングといえば、ハードロックの、リフの延長のようなフレーズを弾くか、ヴォーカルの合いの手のようなフレーズを弾く曲しか演奏した事がなく、「ストレンジャー」のように、ヴォーカルのバックで正確にコードをカッティングしながら演奏する曲は、初めてであった。
「お?結構むずかしいぞ。何で出来んがな?これはいかん、コードカッティングの練習をもうちょっとキチンとやらないかん!」
 そう思った僕は、それまで、アドリブやリフを中心に曲を聴いていたやり方を改め、それ以上に、歌のバッキングに集中して、曲を聴き始めた。
 こういう聴き方をすると、歌のバックで単純に流れているように聴こえるギターの音も、実に複雑で、プレイヤーのセンスの良し悪しで、曲全体のイメージすら変わるという事にも気が付き始めた。
 ビリー・ジョエルの「ストレンジャー」は、当時の僕に、
「隠れた所に光るギターセンスと正確なテクニックが大事ぜよ。」
と教えてくれたのだ。
 この事は、後に、ほとんどが隠れっぱなしの楽器、ベースを弾き始める僕にとって、とても重要な事で、大学生の頃は、
「隠れた中にセンスを光らせるにはどうしたら良いか?(←センス無いくせに・・・)。」 そればかりをベース片手に考える事になるのだ。
 そんな事を思い出して、聴いてみました。
 問題の、「ストレンジャー」のバックのギターを聴くと、初心者用のコードカッティングのお手本みたいな演奏で、少し笑ってしまった。でも、当時の僕には、こんなギターは絶対に弾けない事が、よく分かる。(←今でも怪しいぞ!)
 ビリー・ジョエルは、高校卒業後も大好きなアーティストで、大学生の頃に、かなり入れ込んで聴いていた事もあるので、どの曲にも思い出があるのだが、特に、「ストレンジャー」は、僕に、ギターのバッキングの重要性を教えてくれた名曲なのです。

Billy Joel : Stranger





[Music Billy Joel]



スポンサーサイト


FC2タグ : ビリー・ジョエル ストレンジャー |
Category: 高校1年の頃 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。