無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ スピーク・ノー・イーヴル
RSS|archives|admin

ウェイン・ショーターの「スピーク・ノー・イーヴル」を聴いてみた。

2008.04.22 Tue
スピーク・ノー・イーヴル 日曜日の午後、ネットサーフィンをして遊んでいたら、たくさんの心霊写真が投稿されたホームページを見つけた。僕はこういうのが割と好きで、
「へぇ~。面白いじゃないの~。」
 なんて思いながら、詳しく見て行くと、中にはウケを狙った実にバカバカしい合成写真もあるが、逆に背筋が寒くなるような無気味な写真もいっぱいあった。
 その時、ふと頭に浮かんだのが、ウェイン・ショーター「スピーク・ノー・イーヴル」のジャケットだ。僕はこのジャケット、いつ見ても気味が悪い。まるで心霊写真のように感じてしまうのだ。
 昔、何かの雑誌でウェイン・ショーターの事を確か「オカルト・サックス」なんて呼んでいたけど、
「音楽ばかりか、ジャケットまでオカルトにする事もないのに・・・・。」
 などと余計な事を考えてしまった。
 実際の話、彼の演奏がオカルトかどうか、僕はあまりよく分らなくて、それよりも、強い印象で頭に残っているのは1980年代のウェザー・リポートでの演奏の方なのだが、せっかくジャケットまで眺めたので、
「よっしゃ。ついでに、ちょこっと聴いてみよう!」
 と、「スピーク・ノー・イーヴル」を流してみた。
 まあ、フレディ・ハバード(tp)、ハービー・ハンコック(p)、ロン・カーター(b)、エルヴィン・ジョーンズ(ds)の布陣だから、悪い訳ないのだが、やっぱりオカルトは感じなかったな。




[Music Wayne Shorter]




Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : サックス ウェイン・ショーター スピーク・ノー・イーヴル |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |