無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ スライド・イット・イン
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ホワイト・スネイクの「スライド・イット・イン」を聴いてみた。

2008.06.10 Tue
スライド・イット・イン 最近、我が家では「花札」が流行っている。夕食後に子供同士でゲームが始まり、時々酔っぱらった僕や、手の空いた女房も一緒になって、結構本気で夜遅くまで盛り上がってしまうのだ。
 何でこんな話をするのかと言うと、日曜日にホワイト・スネイク「スライド・イット・イン」というアルバムを聴きながら、このアルバムに参加しているデヴィッド・カヴァーデル(Vo)、コージー・パウエル(Ds)、ジョン・ロード(Key)の3人を、
「花札で言うと、『猪鹿蝶』だな・・・・。」
 などと、実にくだらない事を考えてしまったからだ。
 事実、若い頃にこのアルバムに手が伸びた理由はまさに『猪鹿蝶』で、
ディープ・パープルレインボー絡みの3人が参加したアルバムは悪い訳がない!僕好みに違いない!」
 そんな風に思ったからだ。
 で、どうだったかと言うと、デヴィッド・カヴァーデル以外の2人の個性をあまり感じること無く、僕の中では印象の薄いアルバムになってしまった。どちらかと言うとアメリカン・ロックの路線を意識したと思われるこのアルバムは、ディープ・パープルレインボーの影を感じ取りたいと思っていた当時の僕には無理だったのだ。
 今回久しぶりに聴くと、そんな物をこのアルバムから感じ取ろうとした自分がおかしい事は十分に分かるのだが・・・。
 ま、いずれにしろ、花札で言う所の『猪鹿蝶』の例えは、イイ線いってると自負している。
「あ~あ~、アホらしい。」





[Music White Snake]

スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ホワイト・スネイク スライド・イット・イン |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(1) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。