無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ スリー・カルテッツ
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

チック・コリアの「スリー・カルテッツ」を聴いてみた。

2007.12.24 Mon
スリー・カリテッツ 本日はクリスマス・イブという事で、もうちょっとそれっぽいCDでも聴けば良かったのだが、何故かチック・コリアを聴く事にした。大した理由は無いのだけれど、しいて言うなら、CDの棚を見ているうちに、マイケル・ブレッカーのテナーが聴いてみたくなったからだ。
 マイケル・ブレッカーは今年の初めに、亡くなった。僕としては、大学生の頃には随分と聴いていたミュージシャンなので、ちょっとショックだった。まあ、そんな事から、このアルバムに手が伸びたのだ。
 で、肝心のチック・コリアのピアノが好きかと尋ねられると、
「嫌いじゃないが、非常に疲れる。」
 そんな風な答えになりそうな気がする。
 面白いんだけど、ついて行くのがしんどいのだ。でも、このアルバムなら、最後まで行ける。テナーがマイケル・ブレッカー、ベースがエディ・ゴメス、ドラムがスティーブ・ガッドという僕が若い頃好きだったミュージシャンばかりがバックアップしているからだ。 
 そんな訳で、耐久レースのような感覚で最後まで必死で聴きました。
「まあ、超一流所のミュージシャンが集まると、こんな演奏になるのか?」
 と・・・・。
 凄い事は分かるのだが、
「気持ちが良いか?」
 と言われると、ちょっと首を傾げざるを得ないかな?微妙ってやつ?




[Music Chick Corea]

スポンサーサイト


Theme:JAZZ | Genre:音楽 |
FC2タグ : チック・コリア スリー・カルテッツ |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。