無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ セーラー服と機関銃
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」を聴いてみた。

2010.09.14 Tue
セーラー服と機関銃 オフィスの中で仕事をしていると、携帯の着信音で誰への電話かが分かる。特にオヤジを含めた中年の社員達は、若者のように着信音を度々変更する事が無いので、実に分かり易いのだ。
 オヤジは松田聖子の「夏の扉」だし、営業部長は「龍馬伝のテーマ」、制作部長は松山千春の「季節の中で」だ。ところが、最近この制作部長の着信音が、来生たかおの「夢の途中」に変わった。
 昔からこの曲が大好きなオヤジは、制作部長の携帯が鳴ると、
「♪こ~~のまま~~~何時間でも~~♪」
 と鼻歌を歌っているのだ。
 で、思い出したのが、薬師丸ひろ子が歌う「セーラー服と機関銃」のテーマだ。「夢の途中」と「セーラー服と機関銃」のテーマは同じ曲だが、僕の場合来生たかおが歌うバージョンよりも、薬師丸ひろ子の方が断然好きだ。
 大学生の頃に、
「キャンパスに薬師丸ひろ子そっくりの新入生がいる!!」
 なんて事で騒ぎになった思い出があるように、彼女は当時どこにでもいそうな女の子だったように記憶している。それでいて抜群の人気があったので、今から考えると、
「何故??」
 と思うのだが、そんな薬師丸ひろ子の澄んだ良く通る歌声と、まるで音楽の授業のような真面目で飾り気の無い歌い方は、ストレートに心に沁みて、実に気持ちが良い。
 忘れかけていたけど、結構好きなんだよなぁ~この曲。

薬師丸ひろ子 セーラー服と機関銃


 
[Music 薬師丸ひろ子]


スポンサーサイト


Theme:お気に入り&好きな音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : 薬師丸ひろ子 セーラー服と機関銃 夢の途中 |
Category: J-Pop | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。