無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ソウル・ステーション
RSS|archives|admin

ジャズ風呂

2007.12.21 Fri
 今から数年前の春休み、女房と子供達が実家に里帰りして、一週間ほど1人になった事があった。ちょうど休日を挟んでいた事もあり、昼間からビールを飲みながら、音楽を聴いたり、昼寝をしたりと、オヤジにもいい休養になった事を覚えている。
 その時に、風呂の脱衣所にCDラジカセを持ち込み、音楽を聴きながらのんびりと風呂に入った事を思い出した。
ソウル・ステーション なぜ、こんな事を突然思い出したかというと、先日CDの棚をゴソゴソとひっかき回していて、あるアルバムが目に止まったからだ。ハンク・モブレー「ソウル・ステーション」だ。
 記憶に間違いがなければ、僕がまだ30代の頃、ジャズ雑誌で,
「このアルバムは、風呂に合う。」 
 なんていう記事を見た気がしたのだ。その時からずっと頭に引っかかっていて、
「是非一度、風呂に浸かりながら「ソウル・ステーション」を聴いてみたい!」
 と考えていた。
 で、女房と子供がいない事をこれ幸いと、早速実行してみたのだ。
 前日会社帰りに購入した「ソウル・ステーション」をCDラジカセにセットして、ボリュームを上げて、流し始める。シンプルで分かりやすいメロディーに耳を傾けながら、のんびりと浴槽に浸かると、
「なるほど・・・。“風呂に合う”の意味がなんとなく分かるぞ~。」
 そんな気になった事だった。
 この経験以来、僕はハンク・モブレーが好きになり、他のアルバムも聴くようになったのだが、このサックス奏者、どこがいいのかを説明するのにちょっと困る。というのも、コルトレーンソニー・ロリンズみたいに圧倒的な存在感があるわけでもなく、彼のテナーは、なんとなくこもった音で、のんびり、ボケボケ聴こえてくる気がするのだ。これは、決して悪い意味では無くて、好きになってしまうと、そこがハンク・モブレーの魅力であり、のんびりと浸かる風呂にはもってこいだ!と思ってしまうのだ。
 ま、とにかく、風呂で「ソウル・ステーション」を聴いた経験から、その後しばらく、ジャズのアルバムを聴くたびに、風呂に浸かって聴いてみたくてしょうがなかった記憶がある。
フィーリン・ザ・スピリット 中でも、今度風呂でCDラジカセを鳴らす機会があれば、まず一番に、グラント・グリーン「フィーリン・ザ・スピリット」を聴こうと思っている。このアルバムのシンプルで覚え易いメロディーを聴いた瞬間に、
「お~っ。風呂の中でエコー効かせて、聴くと気持ちがエエぞ~。」
 と確信したのだ。
 それに、アルバムのジャケットがいいではないか。ギターを持って恍惚の表情を浮かべているグラント・グリーンは、実に渋い。ジャズのアルバムジャケットは、こうでないと、
「よっしゃ!聴いてみよう!」
 という気にはならない。
 そんなグラント・グリーンのギターは、テクニック云々よりも、アルバムの題名と同じく強烈なスピリットを感じてしまう。太い音で、無骨でドス黒いブルージーなフレーズを弾きまくるそのアドリブからは、魂の叫びを感じると言っても、オーバーじゃない気がする。湯船に浸かって、くつろいだ気持ちで彼の心の叫びを聴くのも悪くないと思うのだ。
 そんな訳で、僕は風呂には案外ジャズがよく合っていると感じている。それも、ワンホーンとか、リード楽器が1つだけのシンプルな編成のなるべくブルージーなものがいいと思う。
 あの頃から比べると、子供も随分大きくなったので、オヤジが風呂でラジカセを鳴らしていても、
「あ~、アホなオヤジが、また馬鹿な事をやっておる。」
 ぐらいで、騒ぎにならないだろうし、女房には最初っから呆れられているので、久しぶりにやってみようと密かに思っている。
「正月はジャズ風呂だな。ふふふっ。」

 
[Music Hank Mobley] [Music Grant Green]



Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ハンク・モブレー ソウル・ステーション グラント・グリーン フィーリン・ザ・スピリット |
Category: 自分勝手な話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ハンク・モブレーの「ソウル・ステーション」を聴いてみた。

2014.03.01 Sat
ソウル・ステーション 木曜日、高知市の日中の気温は20度を超えていた。朝のうちに雨が降って蒸し暑かったせいかも知れないが、ホントわけの分からない天気である。
「こりゃ~春が来たな!ケケケッ!」
 なんて喜んだオヤジであるが、そんな陽気のせいか、久しぶりにハンク・モブレー「ソウル・ステーション」を聴いてみた。
 断っておくが、「ソウル・ステーション」が春っぽいアルバムだという訳ではない。ハンク・モブレーのテナーが春を感じてボケ~っとしたオヤジの頭にはちょうど良いと思ったのだ。
 以前の記事で、この「ソウル・スレーション」を風呂で聴いた話を書いたが(←こちらです。)今回聴いても、風呂とか酒とか花見とか、いささかノンビリしてボケ~っとした場面に似合うアルバムだという気がしてならない。そして聴き終わった後には理屈抜きで、
「楽しいジャズを聴いて、よかった、よかった。」
 そんな気持ちになれるのだ。
 考えてみればこの「ソウル・ステーション」、オヤジが購入したのは今から10年程前の事で、それ以来、年に2~3度は必ず聴いてきたアルバムだ。まぁそれだけオヤジ好みで、
「なにか気持ちの良いジャズが聴きたいなぁ・・・。」
 そう思った時には必ず頭に浮かぶ1枚である。
 いささか古いアルバムなうえに、地味な印象が拭えないのが少々残念だが、しかし、ジャズを聴き慣れていない人でもこの「ソウル・ステーション」はすぐに楽しめる事は保障する。その上聴けば聴くほど楽しくなり飽きる事はまず無い。
「決してA級ではないが、B級にはB級の良さがある。」
 そんな事が分かる1枚だ。まぁ、簡単に言えば定食屋の“鯖の味噌煮”みたいなアルバムって事だわな。皆さんお分かりか?(←分かりにくいだろうけど。)・・・って、とにかく超名盤である事は間違いない。聴いてみなはれ。

 
[Music Hank Mobley]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ハンク・モブレー ソウル・ステーション |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |