無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ タッチダウン
RSS|archives|admin

ボブ・ジェームスの「アンジェラ」でフュージョンの世界へ突入した話。

2007.11.23 Fri
タッチダウン

 僕が高2になった頃、高知の街で流れていた音楽は、歌謡曲を別にすると、テクノポップが非常に多かったように思う。この音楽はその独特のファッションともリンクして、同級生の遊び人達の間では絶大な人気があったのだが、僕はこのテクノ系の音楽がどうもあまり好きになれなかった。
 はっきり言って、何がかっこいいのか全然分からなかったのだ。
 そんな悶々とした気持ちを吹き飛ばして、新しい音楽の世界の扉を思いっきり開けたアルバムがある。ボブ・ジェームス「タッチ・ダウン」というアルバムだ。
 「お前ら、これからは、こういう音楽を聴かないかんぞ。汗臭いロックばっかり聴きよったら女にもてんぞ~。こっちの方が、ぜんぜんおしゃれやぞ~。」
 と、カセットテープを貸してくれたのは、M沢君だった。
 そもそも、このM沢君というのは、中学時代はソフトボール部のピッチャーで、学校では、あまり音楽を聴いているイメージは無かったのだが、兄貴の影響で、この手のフュージョン系の音楽や黒人系の音楽を、ちょこちょこ聴いているようだった。
 僕はこのアルバムの1曲目「アンジェラ」を聴いた瞬間に、M沢君の言う“おしゃれ”の意味が分かった気がした。そして、それまでの自分の聴いてきた音楽が、一瞬、実に子供っぽく思えた事を覚えている。
次の日、学校でM沢君に
「おい~頼む、タッチ・ダウンを、ダビングしてくれ~。頼む~。」
 というと、
「アホ、これはF島にダビングしてもろうたテープぞ。頼むんやったら、F島に頼めや。」
「なに~。F島か?という事は、音源はF島の姉貴やにゃ~。」

 と、いう事になった。
 F島君は僕が中3の時に初めて組んだバンドのボーカルで、彼の姉がなかなかの音楽通だった事もあって、色々な音楽に詳しかった。
 早速、F島君にダビングを頼んで、テープを手に入れ、何度も何度も聴いた記憶がある。
 「アンジェラ」ヒュ-バートローズのフルートとボブ・ジェームスローズピアノが春の草原のような爽やかな雰囲気のメロディーを奏でる曲だ。注意して聴かないと、何て事無いBGMに聴こえてしまうかもしれないが、快適な曲とは、実はこういう曲の事を言うのだと思う。
 僕は、この時、初めて真剣にフェンダーローズピアノの音を聴いて、その何とも言えない心地よい、大人の雰囲気に一発で参ってしまったのだ。
 そして、
「これからのバンドは、フュージョンじゃ!。フュージョンを演奏したい!。」
 と熱い思いが胸に湧いてきた事を思い出す。(←この頃の僕は、大人の雰囲気とか、おしゃれとか、女にもてるとかのキーワードに実に弱く、すぐにその気になって熱くのめり込む傾向が強かった・・・・・アホやのう・・・。)
 ま、そんな熱い思いから、その後の僕は、色々なフュージョンアルバムを片っ端から聴くようになり、大学生の一時期はフュージョンしか聴いてない時期があったほどフュージョンという音楽にのめり込んでいった。
 そういえば、大学の1回生の頃、2年上の先輩で、ボブ・ジェームスと呼ばれているキーボードプレイヤーが同じサークルにいた事を思い出した。
 なぜ、そんなあだ名が付いたかというと、彼はローズピアノを好んで弾く上に、早弾きのアドリブが出来ない事から、どんな曲でアドリブを弾いても、ボブ・ジェームスみたいに聴こえるからだった。
 周りから、
「ボブ・ジェームス!」
 と、言われる事に、本人もまんざらでもない顔をしていたな~。
「う~む・・・・懐かしい顔が浮かんできたぞ・・・・。」
 とまあ、そんなことを考えながら改めてアルバム「タッチ・ダウン」を聴いてみた。
 やっぱり、今聴いてもフルートとローズピアノの組み合わせは実に爽やかでおしゃれな感じがする。僕のような中年のオヤジが思うおしゃれな音とは、“まさしくこういう音なのだ”と感じさせる。
 「アンジェラ」は、今思うと僕が、大学4年間を色々なフュージョンバンドで活動し、その後、聴き始めたモダン・ジャズの世界へ続く道への扉を開けた重要な曲だと思うのだ。

Bob James - Angela





[Music Bob James]



Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ボブ・ジェームス アンジェラ タッチダウン |
Category: 高校2年の頃 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ボブ・ジェームスの「タッチダウン」を聴いてみた。

2015.04.24 Fri
タッチダウン1 ここ数日、ギター用のミニアンプが欲しくてネット上で色々と検索するのだが、なかなか決められない。と言うのも、最近のミニアンプは、昔の『再生スピーカー』みたいな代物ではなく、キチンとしたギターアンプであり、それなりに機能も充実しているので、結構迷うのだ。
 デザイン的にはフェンダーが好きなので、その辺で選ぼうかと思っているが、他のメーカーでも面白そうな機能があって、まぁ楽しみながらあちこちのHPを眺めている次第だ。
 で、フェンダーが好きだと言ったが、これはもう昔からで、あのデザイン(←こういうのね)を見ると懐かしさと共に、
「おお!一流品!」
 なんて思いが、オヤジのような古い人間はする。
 特に、ギターアンプではないが、フェンダー社が発売しているローズピアノ(←コレね)に関しては、その音と言い、デザインと言い、芸術作品だとオヤジは思っている。
 さて、そんなローズピアノの音色が聴けるアルバムを1枚思い出した。ボブ・ジェームス「タッチダウン」だ。
 このアルバムはオヤジが高校生の頃初めて聴いたフュージョンアルバムで、1978年の発売と非常に古いのだが、今聴いても全く遜色ない。1曲目の「アンジェラ」で洒落たローズピアノの音色をボブ・ジェームス独特の心地よいアドリブで楽しめる。
 考えてみれば、ボブ・ジェームスって人は変わったアーティストで、彼のアドリブはテクニックの面から言えば、決して上手いとは言えない。どちらかと言えば、ブツ切れ気味の短いフレーズが重なるが、何故かそんなメロディーが心地良いのだ。
 その上、この「タッチダウン」は、周りを当時の新進気鋭のミュージシャン達が固めているので(←後に有名になる人物ばかりだ)十分に聴き応えがあるし、オーケストラを存分に取り入れたアレンジで、曲に豪華さが加味され、そこらのフュージョンアルバムとは一線を介している感もある。
 今回久しぶりに全編聴いてみたけど、やっぱり名盤は名盤。こういうアルバムは最低でも年に一度は流して、キチンと記憶の隅に整理しておく必要があると思うのだ。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

Bob James - Angela


Touchdown Bob James


 
[Music Bob James]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ボブ・ジェームス タッチダウン |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |