無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ タルレガ
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

タルレガの「ラグリマ」(涙)で奇麗な音を練習した話

2007.05.20 Sun
 僕は、中2になる頃には、すっかりクラシックギターに、のめり込んでいて、クラブの顧問の先生や先輩達から、そろそろギターを購入するように言われていた。自分でも、部室のボロボロのギターより、自分専用のピカピカのギターが欲しかったので、同級生数人と、早速、顧問の先生に注文した記憶がある。
 1ヶ月ほどして、注文のギターが届き、初めて音を出した時、かなり戸惑った記憶がある。大きい、抜けるような音が出ないのだ。それまで使っていた部室のボロボロのギターの方が、何倍も抜けるようないい音が出るのだ。顧問の先生は、
「どんどん弾き込んだら、鳴るようになってくるわ。そうやって、だんだん自分の楽器にしていったらえいわえ~。」
とアドバイスをしてくれた。
 それから暫くの間、この楽器と格闘した結果、少しずつクリアで大きな音が、前に出せるようになっていった事を覚えている。
 もう一つ、新しいギターで僕が意識したのは、甘く、美しい音を出す事であった。右手の指と弦の当たる角度、右手の爪の長さ、爪を削る角度、弦を弾くタイミングを微妙に変えて、1番綺麗な音の出る方法を必死で探して、練習した記憶がある。
 どうしてこの時期、僕がクラシックギターの練習で、大きな音と甘く綺麗な音質にこだわったのかというと、当然、初めて手にした自分のギターを弾く喜びに浮かれすぎて、頭の中が9割以上ギターの事になっていたせいもあるが、他に、どうしても弾きたい曲があったのだ。タルレガの「ラグリマ」(涙)という曲である。
 「ラグリマ」という曲は、スペイン語で涙という名前の通り、非常に美しい曲で、ギターのテクニック的には初心者でも十分弾く事が出来る曲であると思う。僕はこの曲の美しさに感動した事もあるが、もう一つ、この曲を演奏したいと思った大きな理由があった。それは">、“「ラグリマ」は、奏者によって、全然違う世界を醸し出す曲だ”と感じたからだ。実際、クラブの先輩達が、この曲を演奏するのだが、同じ曲でも、全員が全員それぞれ微妙に異なる雰囲気があった。
当時、ギター部の顧問のI先生は、
「曲の練習は、歌う事が大事でぇ。よう歌いよ~。」
と、しょっちゅう言っていた。この“歌う”の意味は、声を出して歌うのではなく、“演奏しながら頭の中で何度も歌え”という意味で、この事はクラシックギターのみならず、何の楽器を演奏するにも、非常に重要な事だと思う。
「ラグリマ」はその美しく分かり易いメロディーから、実に歌いやすく、技術的にもそれほど難しくないので、思い入れたっぷりに演奏出来る曲だ。僕が感じた先輩達の演奏の微妙に異なる雰囲気とは、一人一人が、頭の中で歌った「ラグリマ」がそれぞれ個性をもって、ギターで演奏された結果だった。
そんな訳で、僕も自分の「ラグリマ」を完成させるためには、どうしても新品のギターでクリアな甘く美しい音を出す必要があったのだ。
 さて、改めて聞いてみると・・・。いや~懐かしい。クラシックギターの真髄ここにあり!てな感じがした。今思うと、この曲は、あんまり感情を込めすぎないで、サラッと演奏した方が、ワシら中年のおじさんの胸には響いて来る気がする。
調子に乗って、久しぶりにクラシックギターを引っ張り出して、「ラグリマ」を弾いてみた。(←引っ張り出したギターは、この時、中2の時に購入したギターです。)前半部分ぐらいなら、なんとなく覚えていて結構弾けるもので、3~4年前に弾いたきりなので、弦が錆びているけれども、なかなかいい音が出せた。
 僕はこの曲の練習で、頭の中で歌う事の大切さを知った。これは、その後、フォークギターを弾く時も、エレキギター、エレキベースを弾く時も全て言える事だった。この曲は、僕に楽器を演奏する時の基本となる最も大切な事を学ばせてくれたと思うのだ。

Lagrima : Tárrega



[Music Francisco Tarrega]

スポンサーサイト


Theme:楽器 | Genre:音楽 |
FC2タグ : タルレガ ラグリマ |
Category: 中学2年の頃 | Comment(0) | Trackback(3) | top↑ |

タルレガの「アラビア風狂想曲」でギター部を引退した話。

2008.02.02 Sat
 高校2年も終りに近づいた頃、僕は、定期演奏会に向けて、毎日、クラシックギターの練習をしていた。この演奏会が終わると、僕たち高2は、クラブを引退して、受験体制に入って行く訳で、“これで最後!”という気持ちもあって、自然と練習にも力が入っていた事を思い出す。
 僕は、合奏曲や二重奏曲は、早い時期から練習していたけれど(←曲名はすっかり忘れてしまったぞ。)、独奏曲がなかなか決まらなかった。
 高校生活最後の演奏会なので、
「中1から5年間、クラシックギターを練習してきた成果を披露しちゃろ!」
 と意気込んだのは良かったが、なかなか
「これや!」
 と思う曲がなく、
「ああでもない。こうでもない。」
 と何日間も、迷いに、迷った。
 そんな中で、フッと頭に浮かんだのが、タルレガアラビア風狂想曲だった。
 アラビア風狂想曲タルレガの代表的な曲で、中学3年の頃に、「セゴビア」「イエペス」か忘れたけれど、部室にあった、レコードを聴いて、そのメロディーの幻想的な美しさに感動して、
「おぉ~、これは、グッと来る曲やにゃ~。えいにゃ~。俺も、いつか、必ず弾いちゃるぞ~。」
 と思った曲だった。で、
「“いつか”は、今じゃ!。今しかないわ!」
 と感じた僕は、早速、アラビア風狂想曲を練習し始めた。
 ところが、この曲はなかなか手強かった事を覚えている。
 左手の運指が、複雑で難しく、頭で歌うようなメロディーラインがなかなか表現できないばかりか、終盤になると、左手の握力が無くなってきて、和音も上手く出せない所が出てくる。最初のうちは、そんな状態だったので、僕はかなり焦った事を覚えている。
 そもそも、クラシックギターは、エレキギターやフォークギターに比べて、まともな音を出すのが格段に難しい。全然、ごまかしが利かない、楽器なのだ。
 幅の広いネックの上のスチール弦を左の指で確実に押さえ、右手の指先と爪を使って、一音、一音、意識しながら、絞り出すように弾いてゆく。そうしなければ、大きく、美しい音が絶対に出せない厄介な楽器なのだ。
 そんな訳で、クラシックギターの練習は、一つの曲を完成させるのに、忍耐強い練習と、かなりの時間が必要となる。
 当時、ギター部は、中学棟の2階、部室前の教室で練習していたが、僕は、よく教室を抜け出して、階段の踊り場へ行き、椅子と足台と楽譜をセットしてアラビア風狂想曲を何回も弾き込んだ。階段の踊り場は、自然のエコーがかかって、自分の出した音が大きく、よく聞こえて、気持ち良く練習が出来たのだ。そして、本番前の2週間は、部活の時間を延長してまで一生懸命に練習した記憶がある。
 演奏会当日の事は、あまり記憶に無いので、まあ、それなりに演奏したのだと思うけど、
同級生の友達が何人か見に来てくれた。
 そして、演奏会の後しばらくして、高3への進級とともに、僕は、淡々と部活を引退した。
 この時は、
「あ~あ。なんかあっさり終わったにゃ~。それにしても、ギター部の5年間は濃かったにゃ~。これから先、こんなにクラシックギターを練習する事は2度と無いろうな~。でも、クラシックギターとは、一生の付き合いになるろうにゃ~。」 なんて事をボケーっと考えていた。
 そんな事を思い出しながら、改めて、聴いてみました。アラビア風狂想曲
 まず、若かったとは言いながら、よくまあこんな曲を人前で演奏しようと思ったものだ。えらく難しいぞ。
 手元に当時の楽譜があるのだが、本当に、どうやって弾いたのか、全く思い出せない。
「今みたいにビデオを誰でも持ってる時代だったら、録画しておいて、今頃再生して、顔を赤らめていたのに・・・。」
 などと思ってしまった。
 まあ、自分の演奏の話はさておき、曲自体はとても美しい曲だと思う。
 個人的意見だけど、
「この曲は、ねばっこく演奏しても、淡々と演奏しても、どちらも面白い味が出るんじゃないかな?」
 なんて、思いますね。
 久しぶりにクラシックギターもいいもんだ。

Francisco Tarrega : アラビア風狂想曲

[Music Francisco Tarrega]


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : タルレガ ギター アラビア風狂想曲 |
Category: 高校2年の頃 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。