無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ダイヴァー・ダウン
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ヴァン・ヘイレンの「ダイヴァー・ダウン」を聴いてみた。

2010.09.24 Fri
ダイヴァー・ダウン 昨日は次男の運動会であった。少々蒸し暑かったが、日中は心配された雨もほとんど降らず、女房は朝から学校のグランドに観戦に出かけていた。
 オヤジは家で所用があり、息子の活躍を見る事が出来なかったが、運動会っぽいアルバムを聴いて、観戦できないウサを晴らしていたのだ。
 で、この『運動会っぽいアルバム』とは、ヴァン・ヘイレンのアルバム「ダイヴァー・ダウン」のことだ。
 「ダイヴァー・ダウン」はオヤジが一番好きだった若い頃のヴァン・ヘイレンの魅力がいっぱい詰まった実に気持ちの良いアルバムで、秋晴れの空にはめっぽう似あう気がしている。
 全体的にはエドワード・ヴァンヘイレンのド派手なギタープレイとデイヴィッド・リー・ロスの馬鹿ボーカルが炸裂するお約束のヴァン・ヘイレンロックだが、もう少し細かく耳を傾けると、スピーディーに押しまくる曲から、重厚に聴かせる曲、スーパーテクニックを披露するインスト曲、また「ビッグ・バッド・ビル」のようなスタンダードを面白く料理した曲まで案外バラエティーに富んでいる。そして、その辺が、
「徒競走、綱引き、玉入れから仮装行列まで何でもありの運動会的アルバムだよなぁ・・・。」
 なんて事を感じてしまうのだ。
 と、ここで突然話を変えるが、収録曲の「オー・プリティー・ウーマン」を聴いていて、その昔リチャード・ギアジュリア・ロバーツが主演した映画「プリティー・ウーマン」を女房と一緒に見に行った事を思い出してしまった。
「う~む、妙な思い出のオマケまでついたアルバム、気持ちエエぞ!」

Van Halen - Pretty Women


 
[M;Van Halen]



スポンサーサイト


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ヴァン・ヘイレン ダイヴァー・ダウン |
Category: Rock/Pops | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。