無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ダニー・ハサウェイ
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ダニー・ハサウェイの「愛と自由を求めて」を聴いてみた。

2015.09.09 Wed
愛と自由を求めて ちょっと思い出した事がある。聞いて欲しい。
 オヤジは大学4回生の秋口、オリジナル曲をメインとしたバンドに参加した。就職活動が終り、
「残りの学生生活を精一杯遊びましょ!」
 なんて考えていた頃で、当時仲の良かった音大の友人に誘われて卒業まで活動する事にしたのだ。
 このバンド、サックスとギター担当の友人がリーダーで曲を作り、芸大の女の子が歌詞を付けて歌っていた。曲は全てオリジナルで、オヤジが参加した時には既に書き溜めた曲が5・6曲あったように記憶している。
 オリジナル曲っていうのは、1曲が完成するのに、コピー曲を練習するよりも格段に時間がかかる。特に我々の場合、曲のアレンジをするメンバーがいなかったので、コード進行とメロディーだけの曲に、メンバーがアイディアを出し合いながら曲を作ってゆくのがバンド練習の中心だった。
 ただ、この『アイディアを出し合う』って作業、そう簡単ではない。自分のイメージする雰囲気を上手く表現して、メンバーに伝えなければならない。コレが非常に難しいのだ。だから、最終的には例え話になる。
「この曲はもう少しハードに、TOTOのロザーナみたいにさぁ。」
 とか、
「ちょっと角松敏生的な世界を意識してオシャレにさぁ。」
 なんて会話が飛び交う事になるのだ。
 そんな中、キーボードで参加していた奴の例えがいつもダニー・ハサウェイだった。
「そこは、もうちょっとシンセの音を厚くして、ダニー・ハサウェイのXXXって曲があるじゃん。あのサビの雰囲気でさぁ。」
 などと言うのだが、オヤジはダニー・ハサウェイを知らなかったので、彼の例えが全く分からなかったものだ。
 ・・・とまぁ、何故こんな事を思い出したかと言うと(←毎度前置きが長いが)当時ダビングしたと思われるダニー・ハサウェイの「愛と自由を求めて」のカセットテープが出てきたからだ。
 ためしに聴いてみたら、音の悪さにビックリしたけど、
「ダニー・ハサウェイって、こんな音楽なんだ・・・。」
 と今になって分かったような、分からないような・・・。でも、インスツルメンタルの曲があるのは知らなかったです。フ~ンなのだ。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

 
[M;Donny Hathaway]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 
スポンサーサイト


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ダニー・ハサウェイ 愛と自由を求めて |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。