無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ トラヴェリング・マイルス
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

カサンドラ・ウィルソンの「トラヴェリング・マイルス」を聴いてみた。

2011.01.07 Fri
トラヴェリング・マイルス 昨年の終りから「生姜紅茶」なるものを飲んでいる。作り方は簡単で、すりおろした生姜と黒糖をカップに入れ、あとはティー・バッグの紅茶を放り込んで熱湯を注ぎ混ぜるだけだ。
 知り合いに、
「ダイエット効果もあるし、体も暖まる!」
 そう言われて飲み始めたのだが、ダイエット効果は別にしても、確かに体は暖まるし、その上、生姜は免疫力を高めるのにも良いらしいのだ。
 で、突然思い出したのが、
「音楽も免疫力を高める効果がある。」
 という事。
 昔何かの本で読んだのだが、イライラした時にはロック等のビート系の曲、何もやる気が起こらない時は、スローで暖かい曲を聴けば、免疫力が高まるというのだ。
 で、最近よく流すアルバムを思い起こしてみると、何となくスローで温暖系が多い。新年早々無気力な訳ではないが、カサンドラ・ウィルソン「トラヴェリング・マイルス」なんかを聴くと、癒されるうえに、確かに体に良いような気がするのだ。
 で、カサンドラ・ウィルソンの話だが、オヤジは最近聴き始めたこのボーカリストに、何となく尻ごみしてしまう所がある。暖かく低い声で包み込むように歌い上げる曲の数々は実に素晴らしいと思うのだが、一方で、女性ジャズボーカリストに対して、
「白人で金髪でグラマーで美しくて、ハスキー又は可愛らしい声であるべきだ!!」
 なんて事を考えてしまうスケベオヤジは、彼女のように正面切って分厚く太い迫力で包み込むように歌われると、ジワジワと後ずさりしたくなってくるのだ。
 マイルスの曲を歌い上げるこのアルバムも決して悪くはないのだが、曲ではなく彼女の「歌」そのものを意識して聴くと、やっぱりお尻のあたりがムズムズして後ずさりしたくなってしまう。
「まずは、この症状に対する免疫を手に入れなければ・・・。」
 そんな事を考えている今日この頃なのだ。

 
[Music Cassandra Wilson]



スポンサーサイト


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : カサンドラ・ウィルソン トラヴェリング・マイルス |
Category: Jazz/Fusion | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。