無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ トーキング・ブック
RSS|archives|admin

スティービー・ワンダーの「トーキング・ブック」を聴いてみた。

2007.12.05 Wed
トーキング・ブック 先日、昼食に喫茶店で日替わりランチを食べていると、店のBGMでスティービー・ワンダーポール・マッカートニーが共演した曲、「エボニー&アイボリー」が流れてきた。小鉢に入っているイカと大根の煮物をつつきながら、
「へ~っ。懐かしいね~。この曲は、大学生の頃、随分流行ったよな~。」
 なんて、思い、
「そういえばスティービー・ワンダーの古いカセットテープが家にあったはずだが・・・。どこへ行ったろう??」 
 そう考えて、今回引っぱり出したのが、この「トーキング・ブック」だ。
 僕が初めて聴いたスティービー・ワンダーのアルバムがこれ。このアルバムは、若い頃に、何度も何度も聴いている。
  特に好きなのが3曲目の「YOU AND I」。このバラードの美しさは初めて聴いた時から色あせる事なく、何回聞いてもジワリと心に響いてくる。
 随分古いアルバムだけれど、今聴いても古さは全然感じない。心が洗われる思いがする。
「もうちょっと、スティービーの他のアルバムも聴いてみよう。」 
 そんな気持ちになってしまった。
 そうそう、名曲「YOU AREA THE SUNSHINE」「SUPERSTITION」も素晴らしかったです。




[Music Stevie Wonder]



Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : スティービー・ワンダー トーキング・ブック |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |