無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ニューヨーク52番街
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ビリー・ジョエルの「ニューヨーク52番街」を思い出した。

2012.11.01 Thu
ニューヨーク52番街 ボヤボヤしているうちに11月になってしまった。今年もあと2か月。月日の流れるのが何と早い事かとしばし呆然としてしまう。
 そんな中、最近ちょっと気になっているのが我家の長男の事。現在大学3回生で、来月から本格的な就職活動がスタートするのだ。まぁ、長男と言っても二十歳を過ぎた大人だから、親が横からゴチャゴチャ言わなくても自分の進みたい方向はある程度考えているだろうが、親としても協力出来る事は力になってやりたいと考えている。そんな訳で、最近のオヤジは様々な企業の採用情報や採用担当者のインタビュー記事などをネット上で探しては読んでいる次第だ。
 採用担当者の記事を読んでいて時々出てくるのが「誠実」という言葉である。彼らが言うには、
『単に「誠実」なだけでは採用出来ないが、まずは物事に対して誠実な人間に注目する。』
という訳だ。
「なるほどねぇ・・・。分かる、分かる。」
 である。
 さて、就職活動には全く関係ないが「誠実」という言葉で頭に浮かんだのが、そのままズバリだけどビリー・ジョエルの名曲「オネスティー(誠実)」なのだ。かの名盤「ニューヨーク52番街」に収録されている。
 個人的な趣味で申し訳ないが、オヤジはこの「ニューヨーク52番街」というアルバムがビリー・ジョエルのアルバムの中で最高峰だと思っている。まぁ、90年代以降の彼のアルバムをあまり聴いていないので偉そうな事は言えないが、収録曲、アルバムの構成、ジャケット、全部大好きなのだ。
 「オネスティー」の歌詞でビリー・ジョエルは、
『誠実というのは淋しい言葉だ。なぜなら誠実な人はなかなかいないからだ。でもそれこそあなたから与えてほしいものなのだ。』
 そんな事を言っている。企業の採用担当者とほぼ同じだ。「誠実」・・・難しいよなぁ・・・。

Billy Joel - HONESTY



[Music Billy Joel]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト


Theme:お気に入り&好きな音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ビリー・ジョエル ニューヨーク52番街 |
Category: Rock/Pops | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。