無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ハプニングス
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ボビー・ハッチャーソンの「ハプニングス」を聴いてみた。

2010.12.07 Tue
ハプニングス まずは、隣のアルバムを眺めてもらいたい。強烈なピンク色が目を引く印象深いジャケットは、ヴィブラフォン奏者のボビー・ハッチャーソン「ハプニングス」だ。
 何故急にこんなアルバムが頭に浮かんだかというと、先週の事だが、このアルバムと同じ色をしたピンク色のパーカーをオヤジは購入したのだ。
「とうとう気がふれたか・・・可哀そうに・・・。」
 なんて思わないでほしい。隣にいた女房が、
「可愛いから、たまにはそういうのもイイんじゃないの?」
 なんて事を言ったので、すっかりその気になってしまったのだ。
「夫婦揃って気がふれたか・・・可哀そうに・・・。」
 なんて事も思わないでほしい。少なくともオヤジだけはマトモなつもりなのだ。(←んじゃあ、マトモと思っていない女房の意見を聞くとはどういう事なんだ?なんて突っ込みはしないでほしい。)
 そんな訳で、ヘンテコリンな連想から久しぶりに聴いた「ハプニングス」の話をするが、前提として昔からオヤジは、
「ヴィブラフォンなんて楽器が演奏出来る事が、どうしても信じられない・・・。」
 そう思っているので、この楽器が鳴り響くアルバムを耳にすると、何でもかんでも恐れ入ってしまう悪い癖がある。その上「ハプニングス」はピアノが大好きなハービー・ハンコックなので、恐れ入るだけでなく土下座したいような気分になってくるのだ。(←俺って変かな・・?)
 いずれにしろ、クールでシャープに響き渡るボビー・ハッチャーソンのヴィブラフォンの音は、張り詰めた緊張感と一緒になって、何とも言えない美しい世界をオヤジの前に見せてくれるような気がしている。
 やっぱり土下座だよなぁ~。このアルバム。

 
[Music Bobby Hutcherson]



スポンサーサイト


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : ボビー・ハッチャーソン ヴィブラフォン ハプニングス |
Category: Jazz/Fusion | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。