無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ バタフライ
RSS|archives|admin

マライア・キャリーの「バタフライ」を聴いてみた。

2008.06.05 Thu
バタフライ ちょっと前にテレビを見ていたら、マライヤ・キャリーが来日したニュースをやっていた。最近結婚したとかで、随分と年下の旦那とイチャイチャ、ベタベタしている映像が映し出されていた。
「この人、何時からこんなになっちゃったんだろう?あれほど胸を強調したり、ボディーラインがくっきり出る服を着る年でもないし、歌が上手いのだから、それだけで十分だと思うのだが・・・。」
 僕はそんな事を考えてしまった。
 僕が持っているマライヤのCDは「バタフライ」1枚で、それ以外にはMDにダビングしたアルバムが3枚あるだけなので、マライヤが特別好きな訳ではない。ただ、初めて「バタフライ」を聴いた時に、歌い上げる感のあったそれまでのマライヤのイメージが変わり、溜息ともささやきとも思える歌声と、全体に感じられるヒップホップ系のビートが実に気持ちが良かった事を覚えている。
 それに、当時は今のようにムチムチ、プリプリのイメージは無くて、正統派のシンガーというイメージの方が強かったので、余計な方向へ目が行かずに済んだのだ。まあ、理由がどうであれ、余計な方向が気になるのは、オヤジのスケベ心がなせる事で、言い訳のしようがないのだが・・・・。
 とにかく、久しぶりに聴いた「バタフライ」は、思った通り実に気持ちの良いアルバムで、曲自体はほとんど頭に残らないけれど、耳に入って来る声が素晴らしい。ハイトーンで歌い上げるマライヤ独特の曲も聴けて、どう考えてもあのムチムチ、プリプリからは想像が出来ない世界なのだ。

Mariah Carey - Honey





[Music Mariah Carey]



Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : マライア・キャリー バタフライ |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |