無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ バック・イン・ブラック
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

AC/DCの「バック・イン・ブラック」を聴いてみた。

2012.10.13 Sat
バック・イン・ブラック 先日、東山彰良の「イッツ・オンリー・ロックンロール」なる小説を読んだ。結構オヤジ好みの話で、幕開けから少しずつストーリーが加速して行き、最終的には破滅に向かって坂を転げ落ちるようなスピード感が味わえた。話の全編を通じて、ずっと大音響でロックが流れているような雰囲気があり、久しぶりに、面白い小説を読んだ気がした。
 話の中に出てくるベーシストが何度も主人公に向かって、
「お前、本気でロックしてるのか?」
 と喧嘩ごしで聞く場面があるのだが、オヤジも自分自身に、
「『本気でロックする』ってのは、要するにどういう事なんだ・・・?
 そんな疑問を投げかけていた。
 さて、このアルバムが『本気でロック』なのかどうなのか分からないが、最近オヤジがロックを感じたのがAC/DC「バック・イン・ブラック」だ。
 AC/DCというバンドをオヤジが知ったのは高校生の頃だが、40歳を超えたホンの最近になるまで、このバンドのアルバムは一枚も聴いた事が無かった。変な話だが、気分的に、
「今更なぁ・・・。」
 みたいな部分がずっとあったのだ。ところが人間40歳を過ぎると、こういう意味もなくカッコつけた部分がどんどん無くなる。人生の残りが見えてくるせいか、何でもかんでも、
「今聴かないと損じゃ!」
 そんな事を考え始めるのだ。
 「バック・イン・ブラック」は馬鹿みたいにシンプルなギターとシャウトが全編を支配したようなアルバムだが、何故か妙にカッコイイ。このアルバムは、“生き様としてのロック”なんぞ全く持ち合わせていないオヤジに、大音響、単純、汗、叫び、そしてその演奏の裏側にある酒、ドラッグ、暴力、セックス、怒り等々の実にロック的な匂いをジンワリと感じさせてくれるのだ。
 古いアルバムだがボリュームを上げてガンガン聴けば良い。『本気でロック』の意味が一瞬分かるような気がするのだ。

AC/DC BACK IN BLACK


 
[Music Acdc]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : AC/DC バック・イン・ブラック |
Category: Rock/Pops | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。