無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ パコ・デ・ルシア
RSS|archives|admin

スーパー・ギター・トリオの「ライブ!(フライディ・ナイト・イン・サンフランシスコ)」を聴いてみた。

2008.04.24 Thu
フライディ・ナイト・イン・サンフランシスコ 高校生の頃に、アル・ディ・メオラのアルバムを初めて聴いて、ツブの揃った早弾きと正確なリズムに驚いたものだ。
 そこまでなら、まだ良かったのだが、アル・ディ・メオラジョン・マクラフリンパコ・デ・ルシアスーパー・ギター・トリオ「ライブ!(フライディ・ナイト・イン・サンフランシスコ)」となると、驚いたなんて呑気な事は言っていられずに、只々、あっけにとられて、恐れ入ってしまう。
 1曲目の「地中海の舞踏」を初めて聴いた時に、
「アコースティック・ギターをこれほどのスピードで弾きまくるというのは、人間技じゃないぞ~。こいつら宇宙人じゃ!」
 と思った事だ。
 別に、ギターの上手い下手は、スピードが速い事とは全然関係ないと思うのだが、それはそれとして、
「驚異的なスピードで演奏されるギターテクニックを楽しもう!」
 そう思ってこのアルバムを聴くと、3人が抜きつ抜かれつ弾きまくる演奏は、正にカーレース。実に面白いのだ。
 また、アドリブに対しての客の盛り上がり方がホットで、ライブの臨場感がひしひしと感じられるアルバムだから、興奮してジワリと腰が浮いてくる。
 腰が浮いた僕は、部屋の中をウロウロした挙句、ギターを手に取り、コピーを始める。で、さわりの部分だけコピーして止めてしまう。無理なのだ。
 僕はこのアルバムを聴く度にこんな事をしている気がする。

Paco De Lucia, John Mclaughlin y Al Di Meola - Mediterranean sun dance





[Music Al Di Meola] [Music John Mclaughlin] [Music Paco De Lucia]



Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ギター アル・ディ・メオラ パコ・デ・ルシア ジョン・マクラフリン |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

パコ・デ・ルシアの「シロッコ」を聴いてみた。

2012.09.11 Tue
シロッコ ちょっと前に知り合いの古道具店でクラシックギターを買った。ヤマハの古いギターで店頭価格千円。元の定価が一万円くらいの楽器だからそう大した事は無いのだが、少し弾いてみると、ペグの部分が破損しているくらいで他には問題が無いので、
「まぁその辺に置いて、いつでも弾けるオモチャにしよう・・・。」
 なんて考えて購入した。
 で、そのオモチャ片手に昔弾いたクラシックの曲を少し練習してみたが、腕の衰えは見るも無残、聴くも悲惨で自己嫌悪に陥っている。いやはや・・・なのだ。
 さて、オヤジのギターの腕前は置いといて、このギターを手に入れた事で、
「この辺でも聴いてみるかな?」
 なんて思い流した1枚がある。パコ・デ・ルシアのアルバム「シロッコ」だ。
 パコ・デ・ルシアって人ですぐ思い出すのは、アル・ディ・メオラジョン・マクラフリンと共演したあの驚異のアルバム「フライディ・ナイト・イン・サンフランシスコ」で(←その辺の事はココに書いてます)、オヤジが彼の演奏を聴くようになったのも、このアルバムがスタートだった。
 その後何枚かのアルバムを聴いたが、彼の本流であるフラメンコ・ギターが徹底的に聴ける点で気に入っているのがこの「シロッコ」だ。
 シロッコとは、地中海沿岸に吹く高温の南風の事だが、中身もタイトル同様に熱い。手拍子と共に幕を開けたアルバムは、気持ちの良い疾走感と驚異的なギター・テクニックが続いてゆく。一方で、フラメンコ独特の情熱的でロマンティックな雰囲気は全編を通して感じる事が出来る。
 千円のギター片手に、
「このくらい弾ければねぇ・・・。」
 なんてしょうもない事をついつい呟いてしまう1枚なのだ。う~む・・・情けない。

 
[Music Paco De Lucia]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : パコ・デ・ルシア シロッコ |
Category: Jazz/Fusion | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |