無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ パラノイド
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ブラック・サバスの「パラノイド」を聴いてみた。

2012.11.05 Mon
パラノイド 本日は前置き無しのいきなりだが、ブラック・サバス「パラノイド」のお話だ。何故こうも“いきなり”なのかと言うと、普段のように何かキッカケがあってアルバムが頭に浮かんだ訳ではなく、単に古いカセット・テープの中から「パラノイド」を偶然目にして、
「ほう・・・聴いてみるかな。」
 なんて何も考えずに流したところ、実に妙な気分になってしまったのだ。
「この妙な気分を記事にせずにはいられない・・・。」
 そう思った訳で、まぁ、せっかちなオヤジの話を聞いて欲しい。
 さて問題の「パラノイド」、多分30年ぶりくらいに耳にする事になったのだが、有名な曲が多いせいか、
「そうそう、こんなアルバムだったなぁ・・。」
 なんて懐かしい事この上ない。しかし曲が進むにつれて、だんだんと恥ずかしくなってきたのだ。
 そもそもブラック・サバスというバンドのコンセプトはオカルトを意識したハード・ロックにある。彼らのこのイメージは後のロックシーンに多大な影響を与えた事は偉大だと思うのだが、その出発点ともいえる「パラノイド」の音は、発売から40年以上も経過した今聴いてみると、
『お化け屋敷で恐怖感を煽ろうと必死に仮装したのに、どこか間が抜けてて、でも本人はそんな事に気が付いていない。』
そんな印象を受けたのだ。
 まぁ、高校生の頃はこのテープを聴いて感動しまくってたので、そんなオヤジ自身も実に恥ずかしいのだが、その辺を差し引いても、やっぱり妙な恥ずかしさでお尻のあたりがムズムズするのだ。
時の流れと言ってしまえばそれまでなのだが、古いアルバムを聴いていると時々こういう感覚になる。まぁそれも含めて懐かしいのだけれどさ・・・。


[Music Black Sabbath]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : ブラック・サバス パラノイド |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。