無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ビレッジバンガードの大西順子
RSS|archives|admin

大西順子の「ビレッジバンガードの大西順子」を聴いてみた。

2011.03.01 Tue
ビレッジバンガードの大西順子 先週末、4月から中学生になる三男の部屋を女房と三男の3人で徹底的に掃除した。古い教科書やノート、幼児向けの本やオモチャ、塾のテキストやプリント等を全部捨ててしまい、ほぼ一日掛りで三男の部屋は中学生向きのスッキリした部屋に生まれ変わった。
 こういう作業をする時、オヤジは必ず音楽を流す。この日も朝からずっとクラプトンのアルバムを聴きながら掃除をしていたが、途中ふと、
「ちょっとクラプトンにも飽きてきたなぁ~。」
 なんて思い、CDの棚の前をウロウロして、
「お!懐かしいのがあったわ・・・。」
 と引っ張り出したのが大西順子「ビレッジバンガードの大西順子」だった。
 大西順子は、まだオヤジが30代始めの頃によく聴いたピアニストで、当時購入していた雑誌「スイング・ジャーナル」に毎月のように登場してはライブやアルバムが絶賛されていたように記憶している。
 久しぶりに聴く「ビレッジバンガードの大西順子」は、ライブアルバムという事もあり、分かり易くて実に面白い。若い頃に彼女のピアノを聴いて瞠目した時と同じ感動がフツフツと湧いてくるのだ。
 オヤジは大西順子のピアノの面白さは、
『鍵盤が壊れるかと思うほどの打ち付けるようなサウンドと、バックのドラム、ベースをグイグイと引っ張りながら男のようにスイングしまくるノリにある。』
 そう思っている。
 妙な話だが、こういうアルバムを流すと掃除に勢いがついて、何でもかんでも捨てたくなってくるのだ。
 「三男の部屋がすっきり片付いた要因の一つには大西順子のピアノが関係している。」
 そんな気がしている。

 
[Music 大西順子]





Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : 大西順子 ビレッジバンガードの大西順子 |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |