無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ファイヤー・アンド・ウォーター
RSS|archives|admin

フリーの「ファイヤー・アンド・ウォーター」を聴いてみた。

2007.08.13 Mon
ファイアー&ウォーター お盆休みと言う事で、書斎でのんびり出来る時間があるので、2年ほど前に演った自分達のおじさんバンドのライブ映像を見ていた。
 このDVDには、僕達40過ぎのオヤジ5人が、いい気になって、バッド・カンパニー「キャント・ゲット・イナフ」を演奏しているのが録画されているのだが、見ていて思い出した事がある。
 ライブの時に、見に来た友人が、うちのバンドのヴォーカルの事を、
「あいつは、ポール・ロジャースを歌わせたら、うまいね~。」
 と、言ったのだ。
 そんでもって、引っぱり出したのが、フリーのこのアルバム。
 僕のフリーのイメージは、
「暗くて重い。曲は地味。」
 なのだが、この暗くて重い雰囲気を嫌にならないで最後まで聴かせるのは、ポール・ロジャースの力量だと思う。
 しかし、休みのスタートには重すぎた感もあるけど・・・。






[M;Free]



FC2タグ : フリー ファイヤー・アンド・ウォーター |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |