無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ フラッシュ・ポイント
RSS|archives|admin

ローリング・ストーンズの「フラッシュ・ポイント」を聴いてみた。

2011.06.15 Wed
フラッシュ・ポイント 前回、エアロスミスの記事で、
「うっしゃ~~~!梅雨の間は大音量でロックを聴くぞ~~!」
 と叫んだが、飽きっぽいオヤジにしては珍しく、週末はその通りにロックばかり聴いていた。
 聴いたアーティストは、ヴァン・ヘイレンキッス、エアロスミス、チープ・トリック等の、どちらかと言えば能天気なアメリカンロックが中心だったが、唯一ブリティッシュだったのがローリング・ストーンズで、ライブアルバムの「フラッシュ・ポイント」を聴いた。
 それにしてもビッグネームばっかりだが、
「梅雨のジメジメを吹き飛ばすロックを聴くぞ!」
 そう考えてオヤジの頭に浮かんでくるのはこの辺のアーティストであり、彼等のアルバムを流しながら、
「音楽に関する基本的な発想は中学生の頃から何一つ進歩していないじゃないか・・・。」
 そんな事に気がつき、少し情けなくなってしまった。
 まぁ、こんな話をしてもしょうがないので、ストーンズの「フラッシュ・ポイント」の話をするが、個人的にこのライブアルバムは非常に気に入っている。理由は『演奏がクリアで聴き易い』という事もあるが、やはり名曲「ブラウン・シュガー」と「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」と「サティスファクション」が一気に聴けるという点が大きい。
 こんな事を言うと、
「やっぱりミーハーな中学生的発想じゃないかよ。」 
 と突っ込まれそうだが、いやいや、オヤジはストーンズの楽しみ方の一つは、この辺の曲を流しながらギター抱えて腰を振る事にあると確信している。
「皆の衆。ストーンズを流してギター抱えて腰を振ろうぜ!これをロックと言わずして何と言う?ええ?」

 
[Music Rolling Stones]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:おすすめ音楽♪ | Genre:音楽 |
FC2タグ : ローリング・ストーンズ フラッシュ・ポイント |
Category: Rock/Pops | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |