無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ フリー・ライヴ!
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

フリーの「フリー・ライヴ!」を聴いてみた。

2014.08.27 Wed
フリー・ライヴ! 前回の記事で、ブッカー・リトルのアルバムを紹介する事になった経緯を、『TUTAYAでたまたま目にして、古典文学でも読むような感じで聴いてみるか・・・なんて思いレンタルした。』って書いたけど(←コチラです。)その時、同じくTUTAYAでレンタルしたのがフリーのライブアルバム「フリー・ライヴ!」だった。
 こっちは古典文学云々じゃなくて、以前から興味があった1枚で、TUTAYAの棚で目にした時に、
「お!珍しいの発見!」
 てな感じだった。
 と言うのも、フリーのライブアルバムはコレ1枚しかない。だから結構貴重なアルバムで、オヤジは以前から聴きたいと思っていたのだが、なかなか機会に恵まれなかった。その上、このCD盤はオリジナル盤に7曲もボーナス・トラックが追加されている。なんか凄く得した感じなのだ。
 そんな訳で、高校生みたいにワクワクしながら流し始めたのだが、コレがまぁなかなかのアルバムだった。
 今までイマイチ納得出来なかったポール・コゾフのギターが、このアルバムでは実によく分かる。彼はスタジオ盤とは比較にならない程よくギターを弾いているが、それが毎度お馴染みのポール・ロジャースの歌を決して邪魔する事無く、逆に引き立たせる。そしてシンプルなサイモン・カークのドラムに乗っかったアンディー・フレイザーのベースが結構複雑にうねる。
「そうか・・・コレがフリーってバンドなんだ!」
 なんて認識を新たにした次第である。
 彼等の音楽はブルースを基調にしたブリティッシュハードロックだが、音の数が少なく、それでいて重厚さを感じさせる点が特徴でもあり魅力でもある。
「フリーって重いし暗いんだよなぁ・・。」
 なんて事も考えるのだが、このライブアルバムを聴くと、それだけじゃないバンドって事がすぐ分かる。4人それぞれの演奏の力量が並はずれて高く、曲に対するアプローチをそれぞれが行った結果、全てが融合してパワーとなり客に伝わるのだ。
いずれにしろ、このライブアルバムを聴かずして、これまで偉そうにフリーの記事を書いていたのが恥ずかしいやら、みっともないやら・・・まぁそんな思いのオヤジなのです。皆様ご勘弁を!

   
[M;Free]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 
スポンサーサイト


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : フリー フリー・ライヴ! |
Category: Rock/Pops | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。