無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ブロウ・バイ・ブロウ
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ジェフ・ベックの「ブロウ・バイ・ブロウ」を聴いてみた

2007.05.29 Tue
ブロウバイブロウ 「ワイアード」と、どっちにするか、ちょっと迷ったけど、「哀しみの恋人達」が入っているので、「ブロウ・バイ・ブロウ」を、ひっさしぶりに聴いてみる事にしました。 
 僕は、昔から、
ジェフ・ベックって、ものすごいテクニシャンだけど、その音楽は、繊細で、神経質そうに聴こえるなぁ~。」 
てな印象を持っていました。
 んで、今回、聴いて驚いたのは、
「このアルバム、全曲、インストルメンタルだったんですねぇ~。」
「そんな認識、全然なかったなぁ~。」
「歌が全く入っていないロックのアルバムなんて、あんまり知らんなぁ~。」
「でも、聴いてみると、ほとんどJAZZの世界だなぁ~。」
「相変わらず、神経質やけど・・・。」 

なんて、思いました。
 もちろん、「哀しみの恋人達」、堪能しました。ジェフ・ベック、えらい!

Jeff Beck : cause weve ended as lovers





[Music Jeff Beck]



スポンサーサイト


FC2タグ : ジェフ・ベック ブロウ・バイ・ブロウ ギター |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。