無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ プレイ・ピアノ・プレイ
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

大西順子の「プレイ・ピアノ・プレイ」を聴いてみた。

2013.02.21 Thu
プレイ・ピアノ・プレイ ちょっと前にNHKで布袋寅泰のドキュメンタリー番組を放送していた。ロンドンでの彼の生活や音楽活動を、インタビューを交えながら紹介した番組で、布袋ファンのオヤジとしてはなかなか興味深かった。
 この番組を見て改めて思ったのは、ミュージシャンには絶対に必要な2つのモノがあるいう事。一つは『自分が満足出来る音楽が作れるか?』という事。もう一つは『その音楽が聴衆を満足させられるのか?』という事だ。当たり前と言えばその通りなのだが、このバランスが崩れると絶対に音楽家として上手くいかないのだ。
 さて、そんな事を考えているとジャズピアニストの大西順子の事が頭に浮かんだ。彼女は『自分が満足できても、聴衆を満足させられる演奏は出来ない。』そんな理由から昨年演奏活動から引退してしまった。オヤジは、
「おいおい、俺は十分満足してるんだけど・・・。」
 なんて少々面食らったのだが、それにしても凄い決断である。
 大西順子のピアノはデビューした時から好きで、90年代の終りに活動を休止するまでは結構マメに聴いて感動していた記憶がある。
「あの感動をもう一度!」
 そう考えた訳でもないが、久しぶりに彼女のライブアルバム「プレイ・ピアノ・プレイ」を聴いてみた。
 このアルバム、発売当時は賛否両論あったように記憶しているが、オヤジは好きだ。彼女の男みたいなプレイと少々奇抜な楽曲には毎度の事ながら唖然とさせられるが、一方で肩の力が抜けて女性的で美しく繊細な部分も感じられる。そんな訳で、大西順子の様々な面を知るのに「プレイ・ピアノ・プレイ」は貴重な一枚だとオヤジは位置付けていたのだ・・・などと言っても、今後彼女のプレイを聴く事は出来ない。残念でならないが、
『オヤジには計り知れないような音楽的にハイレベルな場所に彼女は居るようだ。』
 そう思って今のところは諦めるしかないみたいだ。


[Music 大西順子]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト


Theme:おすすめ音楽♪ | Genre:音楽 |
FC2タグ : 大西順子 プレイ・ピアノ・プレイ 布袋寅泰 |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。