無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ヘヴン・アンド・ヘル
RSS|archives|admin

ブラック・サバスの「ヘヴン・アンド・ヘル」を聴いてみた。

2007.11.21 Wed
ヘブン・アンド・ヘル ちょっと前に、レッド・ツェッペリンのアルバム、「プレゼンス」を聴いた記事で、1曲目の「アキレス最後の戦い」を、
「つい興奮して立ちあがって、部屋の中をウロウロしたくなる曲だ。」
 というような内容の事を書いた。その時に、
ブラック・サバスのアルバム、「へヴン・アンド・ヘル」なんかも同じ状況になるのでは?」
 という貴重なコメントを頂いた。
 その時から、機会があれば聴いてみようと思っていて、先週末、TUTAYAでレンタルしてきた。
 そもそも、ブラック・サバスの思い出は、ディープ・パープルレインボー周辺のミュージシャンがとっかえ、ひっかえ参加しているイメージがあって、
「どのアルバムに誰が参加しているのかが、分かりにくいバンド。」
 というイメージをずっと持っていた。
 このアルバム「へヴン・アンド・ヘル」も確かに聴いた事があるのだが、いつ聴いたのかが全然思い出せない。記憶が無くて、茫然としていてもしょうがないので、とにかく聴いてみると、
「おお~。腰が浮いてくる・・・。」 
 1曲目の「ネオンの騎士」で、腰が浮いて、立ちあがり状態になってしまった。
「なるほどねぇ~。」 
 である。
 そうそう、元レインボーのロニー・ジェームス・ディオのボーカルはさすがですね。
「カッチョイイぞ!」

Black Sabbath : Neon Knights





[Music Black Sabbath]



Theme:ロック | Genre:音楽 |
FC2タグ : ブラック・サバス ヘヴン・アンド・ヘル |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |