無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ベース・オン・トップ
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ポール・チェンバースの「ベース・オン・トップ」を聴いてみた。

2010.02.18 Thu
ベース・オン・トップ 大学3回生の終りの頃、ジャズ研の部室に出入りしていた事がある。当時の僕は自分の所属する音楽系サークルの人間関係に疲れてしまい、全然関係ないジャズ研の部室で音楽の話をしている方が断然楽しかったのだ。
 ジャズ研の部室では、音楽話だけではなく、同級生のT口君からウッド・ベースの弾き方を教えてもらう事も楽しみの一つで、その時初めてウッド・ベースを弾いて、
「こりゃ~なんて恵まれない楽器なんじゃ・・・。」
 そう思った事を思い出す。
 楽器自体が大きく持ち運びが不便で、演奏するのにエレキ・ベースの何倍ものパワーが必要だ。その上音が小さく分かり辛いとなると、当時は、
「あ~あ、やっぱ俺は電気ベースの方が向いてるわ・・・。」
 なんて事を考えていたのだ。
 何故急にこんな事を思い出したかと言うと、ポール・チェンバースのアルバム「ベース・オン・トップ」のジャケットが目に入ったからだ。別に、当時このアルバムを聴いていた訳では無いのだが、薄暗いジャズ研の部室の雰囲気をこのジャケットが連想させるのだ。
 さて、アルバムの中身は?と言うと、こりゃあもう名盤中の名盤だから、今更どうのこうのも無いのだが、
「ベースを楽しもう!」
 と思うなら、うってつけのアルバムで、彼の職人技とも言うべき渋いベースが十分に聴けるのだ。
 でも、そんな事よりも僕の中には、薄暗いジャズ研の部室でウッド・ベースを抱えている自分の姿がボンヤリと頭に浮かぶ不思議なアルバムなのだ。

 
[Music Paul Chambers]

スポンサーサイト


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ポール・チェンバース ベース・オン・トップ |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。