無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ホワイト・アルバム
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ベースを弾いて歌った曲のあれこれ

2007.11.30 Fri
 ちょっと前に、ギターでの弾き語りの思い出を記事にした事があった。その記事を書きながら、
「そう言えば、ベースを弾きながら歌った曲も色々あるぞ~。」 
と、思った。そんでもって、今日は、ベースを弾きながら歌った曲のお話をしたいと思う。 
ホワイトアルバム 僕が人前で初めてベースを弾いたのは中学3年生の終りの頃だ。どういう経緯か覚えていないのだが、クラス毎に、土曜日の放課後、体育館で合唱をやる事になり、僕のクラスも本番の数日前から課題曲と、自由曲の2曲を昼休みに練習していた。 
 課題曲は思い出せないのだが、自由曲に選んだのが、ビートルズ「オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ」だった。あの、超有名な「ホワイト・アルバム」に収録されている名曲だ。
 この合唱に、ピアノとギターとドラムとベースの伴奏を付ける事になり、僕は初めてベースを弾く事になったのだ。
 僕はこの頃、ずっとギターを弾いていて、
「ちょっとベースを弾いてみるのも面白いだろう。」
 ぐらいの簡単な気持ちで、引きうけたのだが、やってみると、ベースを弾きながら合唱に参加するのは、ギターと違って結構難しいものだった。
 特に、「オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ」のベースラインはちょっとトリッキーで、歌いながら弾く事に慣れるまでにずいぶん時間がかかった事を覚えている。 アメリカンバンド 
 さて僕は、その後の高校時代はベースを弾く事もなく、ギターばかりを弾いて過ごしたのだが、次にベースを弾く事になったのは、高校を卒業した春休みに行ったコンサートでの事だった。
 この時の僕は、その後の浪人生活が決まっていて、半ばヤケクソ気味にコンサートに参加していた。全曲ギターを弾く予定が、ベーシストにアクシデントが起こり、臨時的に数曲ベースを弾く事になって、必死で練習した。
 中でも鮮明に記憶しているのが、グランド・ファンク・レイルロード「アメリカン・バンド」だ。この曲のサビの部分を僕はベースを弾きながら歌った。ハモる必要がないコーラスなので、気分的には楽で、とても楽しかった事を覚えている。
 いまだに、グランド・ファンク・レイルロードというと、すぐにこの曲が頭に浮かぶのは、この時の印象が非常に強く残っているせいだと思う。ドラムのカウベルのシンプルなイントロから始まる「アメリカン・バンド」は、僕の中では、名曲中の名曲なのである。 ライブブートレッグ
 その後、なんとか、浪人時代を切り抜けて、大学に滑り込んだ僕が次にベースを弾きながら歌ったのは、入学前の春休み、前回のコンサートからちょうど1年後に、高知市内の小さなライブスポットで、同窓会のような集まりがあった時だ。
 店の隅にドラムセットとキーボード、アンプ類があって、簡単な演奏が出来る事を聞いていた僕達は、2~3日前からチョコチョコっと練習して、当日余興で演奏する事を決めていた。
 この時も、僕はベースを弾く事になり、3曲ほど歌った。バンド編成は、ギター、ベース、ドラムの3人のシンプルなものであり、僕がリードボーカルであった。後にも、先にも、僕がベースを弾きながらリードボーカルを経験したのは、この時だけだ。
 そんな中の1曲が「カム・トゥゲザー」。演奏したのは、エアロスミスのバージョンで、アルバム「ライヴ・ブートレッグ」をコピーしたと記憶している。僕はエアロスミスの演奏する下品な「カム・トゥゲザー」が大好きで、ビートルズの演奏よりも、すぐにこちらを思い出してしまう。
 歌の方は、まあ、若気の至り、いい気になって歌いましたけどね。客の反応は・・・・・覚えていない。
 ベスト・オブ・チャックベリー時間は流れて、僕は大学2回生になっていた。時期は12月。バブル景気に向かって、世の中が浮かれ始めた時期で、企業のクリスマスパーティーや忘年会が東京のあちこちのホテルの宴会場を借り切って行われていた。
 僕は、サークルの仲間と、この時期だけの臨時バンドを組んで、大学のOBのコネを頼りに、パーティー・バンドのアルバイトを行っていた。
 アルバイトとは言っても、楽器を運ぶレンタカー代を差し引くと、一人の手元には1000円ぐらいしか残らない実に効率の悪いアルバイトだったが、それでも、人前で演奏する事が面白くて、この年の12月は、毎週金曜日や土曜日の夜にあちこちのパーティーで演奏した事を覚えている。
 選曲は、BGMとして聴けるフュージョン系の曲を5~6曲と、踊れるノリのいいディスコ系の曲を5~6曲の計12~13曲を準備して、その時の雰囲気で演奏していくのだ。
 パーティーの最後の方になると、酔った客が踊り出す事がよくあって、そんな時に僕らがよく演奏したのがチャック・ベリーで有名な「ジョニー・Bグッド」だった。
 この曲を演奏し始めると、決まって中年のオヤジたちが、それまでディスコビートで踊っていた若手社員を押しのけて、腰を振って踊り出すのだった。これが面白くて、盛り上がった時には、よく演奏していた。
 そして、こっちも調子に乗っているから、当然コーラス部分を大声で歌う事になる。例の「ゴーゴー!ゴージョニ・ゴーゴー~~」ってやつである。あれ以来、「ジョニー・Bグッド」、僕は大好きです。
 ホテルカリフォルニア さてさて、またまた時は流れて、僕は大学の3回生の9月を迎えていた。この頃、僕は女性ボーカルを中心にしたサンバのバンドに参加していて、バンドの中にコーラスを担当している音大の声楽科の女の子が4人いた。彼女達は、僕のバンドとは別に、4人のコーラスグループを結成していて、あちこちのパーティーなどに呼ばれて歌っていた。
 このグループのバックの演奏の手伝いをした事があるのだが、僕とドラム以外は皆、音大生で、歌が上手いのは勿論の事、「カーペンターズ」や「オリビア・ニュートン・ジョン」、「スティービー・ワンダー」や「ビートルズ」などの曲を、さすがに音大生、実に大人っぽくアレンジして演奏し、歌っていた。
 この時の会場は高輪プリンスホテル。あるメーカーが全国の得意先を招待して研修会をした後の懇親会での演奏であった。200人ほどの招待客のほとんどが、50~60代のおじさんで、僕達の演奏を聴いている人間はほとんどいなかった。アルバイトで来ているコンパニオンの女の子達が時折拍手をくれる程度で、演奏は、完全にBGMであった。
 慣れないスーツを着て、演奏した曲で、思い出すのが、イーグルス「ホテル・カリフォルニア」だ。原曲とは、全く異なるアレンジがされており、女性4人が歌う「ホテル・カリフォルニア」は、それなりにイイ雰囲気で、サビの部分のコーラスを一緒に歌った思い出がある。
 この時は、ピアノを担当している音大生から、事前に楽譜が渡され、数日前に2~3回練習しただけで本番に臨み、嬉しい事に、1人1万円近くのバイト料をもらい、その後の打ち上げで、朝まで大騒ぎした事を覚えている。
 これらが、僕がベースを弾きながら歌った曲の思い出だ。それぞれの曲を聴きながら当時の事を思い出すと、時代毎の風景や息使いが蘇ってくる気がする。
 この歳になると、こういう音楽の楽しみ方が一番楽しく感じてしまうのだ。
「あ~~懐かしい~~。」

     
[Music Beatles] [Music Grand Funk Railroad] [Music Aerosmith]
[Music Chuck Berry] [Music Eagles]
スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ビートルズ ホワイト・アルバム アメリカンバンド グランド・ファンク・レイルロード カム・トゥゲザー エアロスミス チャック・ベリー ジョニー・Bグッド イーグルス ホテル・カリフォルニア |
Category: 思い出の曲話 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

2012年12月の聴き流し日記

2012.12.29 Sat
 今年最後の記事になってしまった。だからという訳ではないが、久しぶりに“聴き流し日記”を書きたいと思う。
 今月も何だかんだ言いながらも何枚かのアルバムを聴いて、勝手な感想やら意見やら、アルバムの中身に関係のない話やらをしてきたけれど、記事にした以外にも気分にまかせてダラダラと聴き流したアルバムが何枚かあるのだ。放っておくのも勿体ないので、記憶に残っているうちに話をしたい。
ホワイトアルバム まず1枚目はビートルズの名盤で「ザ・ビートルズ」。いわゆるホワイト・アルバムって奴だ。たまたまオヤジがこのアルバムの1曲目「Back In The USSR」を流し始めると、ビートルズ命の三男が、
「俺はやっぱり『バースディ』だな。」
 なんて生意気な事を言う。
「ミーハーな奴だなぁ・・・。」
 と一言文句をたれながらも、考えてみるに「バースディ」ほどメジャーな曲はこのアルバム全体を見渡してもそうそう無い。「オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ」もメジャーと言えばメジャーだが、メインから外れているイメージがあって、音楽に興味が無い人間が耳にして、
「ああねぇ・・・。」
 なんて頷くのはやっぱり「バースディ」だと思うのだ。
「ミーハーな奴だなぁ・・。」
 などと文句を言ったくせに、「バースディ」が流れると体が自然とリズムを取りたくなる。ギターが弾きたくなる。で、シャウトしたくなる。だってあの印象的なイントロだ。まさしくロックの王道の曲だと思うのだ。
 息子に言われるまでオヤジはこのアルバムの中で「バースディ」にあまり重きを置いていなかった。と言うのも、ホワイト・アルバムはビートルズ個々の個性が一気に花開いた感があるアルバムなので、ついついメンバーの曲作りの違いを確かめるような、少々マニアックな事に傾注してしまう。そんな訳で、単純だけど重要な一曲をキチンと正面から聴いていなかった事を反省しつつ、口には出さなかったが息子に、
「たまにはいい事言うジャン・・・。」
 なんて思った事だった。
 さて次は、このブログの基本となっている『曲から思い出す過去の風景』の話をしたい。
今から30年以上も昔の高校生の頃の話だが、高知市内にある女子高の文化祭に行った事がある。
『何故女子高の文化祭なんぞへ行ったのか?』
 だが、事の経緯はすっかり忘れてしまった。多分、当時バンドをやっていた絡みで、知り合いの女子高のバンドのメンバーから、
「今度の文化祭、見に来て!!」
 みたいな話があったのだと思う。当日は声をかけられた数名で少々緊張気味に女子高の門をくぐった事を覚えている。
 会場のだだっ広い体育館へ入ってゆくと、ステージ上には当時流行のニューミュージック系の曲を演奏するバンドが出演していた。我々に声をかけてくれたバンドの出番は次のようなので、席に着いた我々は、
「ほぅ・・・。女の子らしいバンドやな。」
super best of yumi arai なんて事を考えながらステージ上の演奏を眺めていたのだが、彼女達が最後に演奏した荒井由実の「魔法の鏡」が妙に上手くて感動したのを覚えている。
「このネエチャン結構やるなぁ・・。」
 そう思わせるくらい音をほとんど外さないボーカルが正確なドラムとベース上に乗っかっていた。演奏が終わった時に拍手がパラパラしか無かったのが妙に残念だった記憶がある。
 さて、何でこんな事を急に思い出したかと言うと、先日「Super Best Of Yumi Arai」を聴いたからだ。このアルバムの中の「魔法の鏡」が流れ始めると、昔の女子高の文化祭の風景がド~~ンと頭の中に広がった訳だ。まぁ、面白くも何とも無い話だが、個人的にはこういう経験は実に貴重で、そんな事から相変わらず古いアルバムを聴き直す事が止められないオヤジなのだ。
 そうそう、少しアルバムの中身の話をするが、「Super Best Of Yumi Arai」はユーミンの荒井由実時代の2枚組のベストアルバムで、当時の名曲をほぼ完全に網羅している。じっくり聴きながら当時の世相と照らし合わせると、ユーミンの曲が如何にオシャレだったかが非常によく分かる。あの頃に帰りたい人にはお勧めの1枚だと思います。・・・ってどこぞのCDレビューみたいな文章になってきたので修正しつつ次へ行きます。
アライヴ 3枚目はキッス「アライヴ」。やはり年末の締めくくりはロックが良い。それも何も考えずにただ楽しく今年の聴き納めが出来るアルバムでないといけない。流行りの曲をレコード大賞か紅白歌合戦のように聴くのは、まだまだ尻の青いガキのやる事で、オヤジはキチンと懐かしのメロディーとしてこのアルバムを選択したのだ。(←たとえがヘンだけど・・・。)
 で、今突然気が付いたけど、今回の聴き流し日記は全部2枚組のアルバムだ。
「それがどうした?」
 と言われると、
「別に・・・。」
 だが、まぁ気が付いたので言っておかねば・・・なんて思った次第だ。話を元へ戻す。
 キッス「アライヴ」だけど、これは言うまでもない彼らの最高傑作だ。ライヴの楽しさ、臨場感がビンビン伝わり、あのギトギトのキッスのメンバーがステージ上で荒れ狂う姿がすぐに頭に浮かんで来る。
『結局、音楽ってのはこういう元気が出てくる一枚が最も楽しいのかも知れないなぁ・・・。』
 なんて事を「アライヴ」は年の瀬に感じさせてくれた。
彼らの音楽を聴いていると、
「人間まずは元気じゃないといけない!」
そう思う。背筋を伸ばして、前を向いて、声を出そう!そして体を動かそう!なのだ。
「何と単純な・・・」
 なんて思うかも知れないが、
「単純、大いに結構!」
 そう言いたい。来年は単純で元気に過ごしたいとキッス「アライヴ」で決意を新たにした次第だ。・・・って何か来年への決意表明みたいな話になってしまったが、まぁそういう事なのだ。
 さて、またも勝手な話が長くなってしまい、申し訳ない。最後に皆様方にお礼を言わせて頂き、今年最後の記事を終わらせてもらいます。

 本年も当ブログをご愛顧頂き、ありがとうございました。心より感謝をいたしております。来年が皆様方にとって素晴らしい一年でありますように、心からお祈り申し上げます。では、皆様、良いお年を・・・。
土佐のオヤジ


追伸
 しばらくこのブログはお正月休みを頂く予定です。年明けの更新は7日以降の第2週目を予定しております。よろしくお願いします。

The Beatles - Birthday


荒井由実 魔法の鏡


KISS - Deuce



[Music Beatles] [M;Kiss] [Music 松任谷由実]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ビートルズ ホワイト・アルバム ザ・ビートルズ 荒井由実 ユーミン 松任谷由実 キッス アライヴ |
Category: 聴き流し日記 | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。