無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ボストン
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ボストンの「幻想飛行」を聴いてみた。

2007.09.05 Wed
幻想旅行「何で急にボストンなのか?」
 というと、先日「カンサス」について書いた記事に対していただいたコメントの中で、ボストンの話題があって、
「そういえば、ボストンちゅうバンドがあったぞ~。懐かしいなぁ~。分厚い音で、プログレっぽかったよなぁ~。」

 とまあ、突然思い出した訳だ。
 でもって、週末にTUTAYAに出かけて行って、レンタルしてきたのが、「幻想飛行」だった。
 ボストンは、中学の頃、本屋で立ち読みしていた「ミュージック・ライフ」等の雑誌に、しょっちゅう紹介されていて、その内容は、
「トム・ショルツというマサチューセッツ工科大学出身のエンジニアが作った、最新の音を再現するすごいバンド。」

 みたいな記事で、すぐ影響される僕は、曲を聴く前から、
「おお~。トム・ショルツ。顔はブサイクやけど、かっこえいの~。やっぱり、ミュージシャンは理科系がエエの~。」

 なんて、呑気な事を考えていた。
 で、そんな事は思い出すのに、アルバムの内容はあまり良く覚えていない。
 いざ、聴いてみて、思い出したのは、1曲目の「More Than A Feeling」だけで、残りの曲はすべて記憶がブツ切れで、知ってるフレーズがたまに出てくる程度だ。
 そんな状態なもんで、実に客観的な話になってしまうのだが、この音を聴くと、当時このアルバムが話題になり、売れたのがよく分かる。こんな分厚くて、粘りつくようなギターの音は、あの当時は無かったと思うのだ。それに、アコースティックギターの音も、最近の音とそんなに変わらず、違和感が全然ない。
 音が新鮮で、プログレとは言いながらも、曲はポップで覚え易い。これ、受ける事必至・・・。
 今度は、「ドント・ルック・バック」を聴いてみよう。そっちの方が、もっと記憶に残っている気がする。

Boston More Than A Feeling





[M;Boston]




スポンサーサイト


FC2タグ : ボストン 幻想飛行 |
Category: Progressive | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

ボストンの「ドント・ルック・バック」を聴いてみた。

2010.06.22 Tue
ドント・ルック・バック 最近、仕事絡みで高知県内の市町村役場を回る事が多い。と言うのも、うちの会社の代表者が最近交代したので、総務経理担当のオヤジは、様々な役員変更に関わる書類を持ってお役所を訪問する事になるのだ。
 ご存知だと思うが、高知県というのは東西に長い。高知市はちょうどその真中付近にあるけれど、それでも移動時間は結構かかる。当然、目的地へ向かう車の中ではずっと音楽を流しているので、このところ随分とたくさんのアルバムを聴いた。
 さて、そんな中で、
「おお!!」
 と思ったのが、かなり古いアルバムだが、ボストン「ドント・ルック・バック」だ。
 そもそもこのアルバムが今から30年以上も昔に発売された事がどうしても信じられない。ギターの音が際立って素晴らしいのだ。
 当時高校生だったオヤジは、音楽雑誌でよく紹介されていた「ドント・ルック・バック」の記事を読み、
「ほ~~!そんなに良い音なのか?聴いてみたいもんじゃ!」
 なんて考えていたが、結局はリアルタイムで聴いた事は無かったように記憶している。
 その後、いつから聴き始めたのか記憶に無いが、時々聴くうちに、
「『ドント・ルック・バック』は、時間が経てば経つほど音が良くなるような気がする変なアルバムじゃ・・。」
 そう思うようになってしまった。
 とにかくこのアルバムのギターの音の素晴らしさは、ちょっとオーバーかも知れないが、筆舌に尽くし難い。名盤というよりも、何となく不思議なアルバムだと思っているのだ。

 
[M;Boston]




Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : ボストン ドント・ルック・バック |
Category: Progressive | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。